「ほっ」と。キャンペーン

夏の香り

d0057868_251862.jpgd0057868_2512517.jpgd0057868_2514382.jpg







気がつくと、8月も中盤を過ぎ、夜の風がなにかしら涼しげに感じられてきましたが、まだまだ日中はうだるような暑さで真夏を思い知らせてくれます。
ここんところ、自虐的に鉄男変化をアップしたりしていたので今回は、とびっきりキュートな鉄男さまです。 ’67年の「レモンのような女」~夏の香り~ これって円谷プロがらみの作品なんだよねー。 脚本 佐々木守、監督 実相寺昭雄・・・とくると「怪奇大作戦」の~京都買います を思い出しちゃうマニアックなワタクシですが、この作品には怪獣も特撮も出てきません。 あしからず。
 脱線しますが、鉄男さまはこの「怪奇大作戦」のレギュラー候補だったそうです。勝呂誉さんの役だったのかもね。岸田森さまとの共演が見られなかったのは、いささか残念ではあります。

「夏の香り」は、毎回、岸恵子パリのおばさまが違う人物を演じた上記のドラマの第5話になります。 鉄男さまは、パリのおばさま演じる30歳の風子の年下の恋人、22歳の「ボク」をチャーミングに、キュートに演じられております。 
「風子、ボクのこと・・・好き?」なんて台詞にテレビにむかって、好き好き!大好きー!ってトホホな受け答えをしちゃったりする位、確信犯的な可愛さ爆発演技を見せてくれます。
モノクロ作品ですが、風景などとても綺麗で、カメラワークも凝っています。夏の香りを十分満喫して、秋の気配を感じ取る今の季節にぴったりのお話でした。

約10年後、ぜ~んぜん変わらない岸パリのおばさま恵子さんと鉄男さまは、大映テレビ「赤い激突」で婚約していたが、前田吟氏演じる兄に奪われ別れてしまった元恋人同士として共演されております。パリのおばさまの若さっていったらバケモノ級です。鉄ちゃんは既にモジャだったので、あちゃー!って感じ(でも、すっごく素敵でした☆)だったので、現在じゃお笑い種どころか悪い冗談になってしまいますな。 あ!また自虐的なことを書いてしまった。

とにかく、鉄男さま、本当に可愛いです。

追記 現在、ブロードバンドでこの「夏の香り」が7日間315円で観られるようです。キュートな鉄男さまを是非堪能してください。
こちら


d0057868_252718.jpgd0057868_2522158.jpgd0057868_257455.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-17 04:02
<< 晩夏 テレビパトロール >>