神楽坂へ

d0057868_15855.jpgd0057868_1584083.jpgd0057868_15115443.jpg









先日、鉄オタの息子に付き合って東京メトロ一日乗車券を買って東京の地下鉄をイヤというほど乗って参りました。 そろそろ帰ろうか・・・と思った時、ふと頭に神楽坂に行ってみようとの思いがよぎり、別の鉄オタであるワタクシは有無を言わさず有楽町線につんのめって下車すべき駅をすっ飛ばして向かいました。

石立ユニオン映画ドラマシリーズ最終作の「気まぐれ本格派」のメインロケ地である神楽坂から飯田橋をゆっくり下って行ったのですが、「赤城神社」はテレビで見るよりこじんまりしていますが、当時のままです。併設の幼稚園は綺麗になっていましたが。 楓ちゃんが占いをやっていた茶房「五十鈴」は、当時のまま。感慨ひとしおです。 でもねー、やたらケバケバしいお店が多くなっていて老舗の店と不協和音を奏でているって感じでした。  お茶の楽山、甘味の紀の善を確認して、肝心の「清水貸衣裳店」は・・・・相変わらずモスバーガーでした。右隣のお蕎麦屋さんは営業していましたが、左隣は不動産のリバブル。 判っていたことだけどやっぱり悲しいざんす。 息子の冷たい視線を無視してモスバーガーの前に立ち尽くし、うろちょろ鉄男さまが歩いたであろう歩道を踏みしめて参りました。(本当にバカ)

飯田橋は学生時代、よく名画座へ通いました。ギンレイホールは健在ですが、佳作座はなくなってしまいました。 よく足を運んだ街が変わってしまうことは、ただのノスタルジーにすぎないのですが、置いてきぼりにされた気さえしてしまいます。
いやん、おセンチになってるじゃん。


d0057868_1592683.jpgd0057868_159428.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-24 15:41
<< 増村保造と大映ドラマ 晩夏 >>