「ほっ」と。キャンペーン

ぜったい多数

d0057868_9592154.jpg


三連休がやっと終わったと思ったら、今週末もまたもや三連休。何かと気忙しい9月でございます。東京の風もめっきり秋めいてまいりました。

来月、CSのチャンネルnecoで放映される'65年5月公開の松竹映画「ぜったい多数」での鉄男さまは、実年齢(22歳)とほぼ合致する留年した大学生、阿高賢三役でございます。現在でも少しは残っているのでしょうが、殆ど化石と化してしまっている「歌声喫茶」がメインに出てまいります。 主演は松竹の看板女優であった桑野みゆきさんと、7.3分けも初々しい田村(オクタン、僕はあなたを愛てぃててぃまった)正和サマです。 古い物まねネタですいません。 とにかく出演者が豪華です。 北村和夫氏、加藤治子さま、いしだあゆみ嬢、中村和製べべ晃子嬢、倍賞千恵子嬢、早川保氏元ご夫妻、柳沢ダーリン真一氏などなど。大学院生と同棲している生瀬弥生役で元奥方の吉村実子さんも出ていらっしゃいます。正に鉄男さまと恋愛進行形時代の共演です。(上のポスターでは、鉄男さまの下に写っていらっしゃいます) 同棲相手との仲がもつれてさあどうなるか・・・それは観てのお楽しみ。ご覧になれない方申し訳ありません。曽野綾子先生の原作を読まれた方は、お判りかと存じます。
この当時、鉄男さまと実子さんの共演は多数ございます。 二人で日米ハーフの役を演じた「ふりむくなマリー」というのを観たいと思っているのですが、NHK制作故、現存していそうもないので、残念です。

映画の2年後にテレビドラマとしても製作されました。こちらは栗原小巻嬢と石坂浩二翁主演。 石立さんがやった阿高賢三は、津坂匡章さま(現在の秋野太作さん)が演じられております。 この頃の津坂さんは本当に美青年だと思います。彼もまた、俳優座養成所出身(15期)だからか、ワタクシには鉄男さまと共通項が沢山あるように感じられるのです。

以前、ビデオが発売されていましたが現在は絶版。来月の放送を楽しみ待つ9月も下旬の秋本番。

d0057868_10362195.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2005-09-20 10:37
<< おまえばかり何故モテる? 役者は素材 >>