「ほっ」と。キャンペーン

鉄男節 Ⅴ

d0057868_2244196.jpg


とうとう最終日になってしまいました「邦流」。 既にみけねこさんがコメントで教えてくださった文化放送のHPから今週分の放送がアップされております。やはりインタビューというのは「声」を聞いてこそ細かいニュアンスが伝わるものだと思いますので、私が書くまでもありませんが、是非お聞きくださいませ。
きっと知らず知らず、頬がゆるんでまいりますぜ。

今日は多彩な趣味について。 やはり朝の番組でギャンブル話はまずいと思ったのか(編集されたんでしょう)詳しくは語らず。
飲む、打つ、買うから始まって、将棋、ゴルフ、相撲、錦鯉、陶器(芸)と、とにかく多趣味。それは、やっぱり「人間」が好きだから。惚れこんだ人を真に理解するには、その人のやっている事を自分でも勉強し、追及しないとただの憧れになってしまうからという、真摯な理論から常に人に興味を持つという事のようです。好奇心だけで終わらず、のめり込んじゃう所が少年ぽさを残す(見てくれではない)鉄男さまらしいです。

40歳から本格的に始めた将棋の話は、本当に楽しそうに話しています。声もオクターブ上がっております。40のおっさんが、いがぐり坊主の中学生を「先生」と呼び、将棋を教えてもらっている図を想像するだけで、おかしさがこみ上げます。このくだり、やっぱり役者ですねー。声も何種類か使い分けていて、上手い!って思っちゃいました。 鉄男さまって話がノッてきてもオクターブ上がるんですね。

北の富士関と大喧嘩をした後、杉浦直樹氏の仲裁で和解し、以後ずーっと親友でいるってのも、とても楽しそうに話されていました。

鉄ちゃんパワー大全開って感じで話していて、ずーっと聞いていたかったけどタイムアウト。なんとも中途半端な形で終了してしまい、とっても残念でした。出来ることなら趣味の話だけでもう一週間!と言いたくなる程、面白かったです。

実際聞いていただければ判ると思いますが、邦丸さんよりも鉄男さまが進行、リードしちゃっているんで、「ああ、気配りの人だな」と思った次第でございます。

去年、白内障の手術をなさった鉄男さま。やっぱり半分見えないんですね。
これからも趣味事優先で、悠々自適な生活をおくって行ってほしいものです。

拙いレポを読んでくださった方、コメントを書いてくださった方、感謝するとともにお疲れさまでございました。
[PR]
by ironman0823 | 2005-10-21 23:03
<< 祭りのあと 鉄男節 Ⅳ >>