愛ふたたび

d0057868_10305268.jpgd0057868_10312158.jpgd0057868_1032289.jpg







浅丘ルリ子さんとは「愛の渇き」での共演が、ファンの間では有名ですが'71年に市川昆監督の「愛ふたたび」でも、一緒にやっております。まー、これは殆どルリ子嬢とルノー・ヴェルレーだけのお話ですが。 ルノー・ヴェルレーさんといえば、ドロンの元奥方、ナタリー・ドロンとの「個人教授」で、日本の少女たちの胸を焦がしたとゆーことですが、かのルキノ・ヴィスコンティ監督の「地獄に墜ちた勇者ども」にも出ていたんで、ヘルムート・バーガー、ビョルン・アンドレセンの様に、監督のおめがねにかなったのね的美青年と位置付けられておりました。同時期、レイモンド・ラヴロックなんてのもいたなー。確かにヴェルレーくん、端正なお顔立ちでしたが今みると、そんな騒ぐほど美青年とは思えません。いや、私は好きでしたが。どっちかってーと若い頃のジョン・サヴェージ、パトリック・スウェイジっぽい感じ。・・・・いかん!どんどんマニアックになってきてしまった。

して「愛ふたたび」ですが、これは桃井かおり嬢のスクリーンデビュー作でもあります。ルリ子嬢の妹役で、例の舌ったらずで「ニコ、がんばってねー!」と初々しい笑顔を見せていらっしゃいました。 挿入曲が鹿島トモ子さん(オ○ム真○教の広告塔になっていた時はくりびつしました)が一曲と、もう一曲、お名前失念しましたが男の人が歌っておりましたが、これがやけに耳に残っているのであります。

鉄男さまがいつまでたっても出てきませんが、キーちゃんという、ルリ子嬢が、パリ留学時の女友達の恋人兼柔道の先生という設定の役です。これがちーっとも柔道の先生に見えなく、ある種の狂言回し的存在です。 ヴェルレーさん扮するニコと、当時の秋葉原の電気街を手をつないで歩き回るシーンが、とっても印象的でした。いやー、二人ともいい男だったねー。欲目ですが、鉄男さま、おフランス男と一緒でも見劣りしませんもん。

最近のヴェルレーさんは、シブさが増してこうなっちゃったのね・・・って思った次第でございます。


d0057868_1192061.jpgd0057868_119532.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2005-10-29 11:14
<< ハタキは健在 やくざの六三 >>