「ほっ」と。キャンペーン

丘に咲くゆりの花

d0057868_12534758.jpg
d0057868_1254118.jpg


d0057868_12541516.jpg

11月になりました。今年もあと2ヶ月弱、こんなに時の流れが速く感じてしまってよいのだろーかと思い乍ら、文化祭なんかに行っちゃって懐かしい感覚を覚えました。自分の時代とは大分変わっていたけど、年に一回ぐらい連帯感ってものを感じるのもいーんじゃないの?って思いました。 11月とゆーとワタクシ、ギルバート・オサリヴァンの「アローン・アゲイン」を思い出します。 アメリカでは真夏あたりに1位になったけど日本では、ちょうど今ごろヒットチャートを賑わせていたからでしょうか。物寂しい秋にaloneだなんて、淋しすぎるじゃん。

ぜ~んぜん違うお話で引っ張って、めんごなさい。
「雑居時代」第12話 ”すり変わった見合写真”で、夏代嬢の写真とすり変わった人がこの方。 丘ゆり子さんです。 現在、CSで放映している木下恵介シリーズの「あしたからの恋」を見ていたら、見覚えのあるお顔が出てきて長年ひっかかっていた胸のつかえがおりたのでありました。(ちと大ゲサ) そーいや「傷だらけの天使」にも出ていたっけ。 雑居で写真を使う時、ちゃんと出演料とゆーか使用料払ったんだろーかと、どーしよーもない事を考える晩秋でありました。

現在も、浅草の軽演劇に関ムッシュムラムラ敬六氏らと出ていらっしゃるようです。
[PR]
by ironman0823 | 2005-11-04 13:17
<< 時の流れに身をまかせ ハタキは健在 >>