「ほっ」と。キャンペーン

自慢話

d0057868_2237683.jpg

d0057868_22372399.jpgd0057868_22411557.jpg 









12月に突入した実感がありませんが、12月1日です。 
突然ですが自慢話です。
ワタクシがヒト様に自慢できることはスリムなバストと豊かなウエストの他にフェデリコ・フェリーニ監督と握手させて頂いたことと、ギルバート・オサリヴァンさまからバースデイプレゼントのお礼のお手紙を頂いたことでございます。
本日12月1日はオサリヴァンさまのお誕生日。高校生だったワタクシは修学旅行で京都・奈良に行った際、西陣織の財布を購入し、それをお誕生日プレゼントとしてつたない英文手紙を添えて大英帝国まで送ったのでありました。返事が来るなんて思ってもいなかったので、数日後ポストに発見した時には狂喜乱舞、鯛やヒラメの舞い踊り。コーフンして開封したので開封口がビリビリになりました。

その1979年12月1日、土曜ワイド劇場にて「三毛猫ホームズシリーズ」第一弾が放映されました。 原作無視のキャスティングで(犯人の筈が主人公片山刑事の恋人になってしまう)赤川ファンには評価が低いようですが、もう絶対にホームジュ(・・・って石立さんは言っているように聞こえる)といえば石立鉄男、坂口良子コンビが一番面白かったと断言してしまいます。 週刊誌のネタになるのも頷ける程、必要以上にイチャイチャしているお二人。赤塚まこっちゃんもいい味出しておりました。 当時の土曜ワイドはかなりグロい場面が多くドロドロしているけれど、脚本、監督がユニオンシリーズを多く手がけた窪田篤人氏、手銭弘喜氏なのでテンポ良い軽妙な作品に仕上がっておりました。
しかし本当にここまでイチャつかれると噂も本当と思えてしまう、それ程息があっていた鉄男さまと良子嬢でした。 
もう関東では何年も再放送しておりません。ぜひもう一回観たいでやんす!



d0057868_23134568.jpgd0057868_2314172.jpg
 この方がギルバート・オサリヴァンさん この人も変化大! 
d0057868_23141857.jpg
           ↑クレアちゃん
[PR]
by ironman0823 | 2005-12-01 23:26
<< 吹けば飛ぶような 柄にもなく最新情報 >>