気まぐれパーティー

d0057868_2234362.jpg
d0057868_2243992.jpgd0057868_225778.jpg










「気まぐれ天使」最終回の、忍と渚が上野動物園をめざして駆けていくラストシーンは、ワタクシにとってユニオン映画石立ドラマにおける、特別に大好きな場面でございます。何回観ても鳥肌がたっちゃう程ジーンときちゃいます。

渚が京都へ帰ってしまい、忍は自分の中で彼女の存在が大きく占めていたことを確信します。(それ以前にも、彼は気が付いていたけどね。お見合いの話とか)

何回も渚の方を振り向きながら走る忍、満面の笑みで追いかけていく渚。
噴水に向かって走ってどーする?ってツッコミはせず、沢山の鳩が飛び立つところでいっつも泣いてしまうワタクシでございます。

劇伴の「僕はチャンピオン」から「気まぐれパーティー」でエンディングを迎える、このラストシーンをスローモーションで見せる演出は秀逸だと思っております。終わっちゃうよ~って100万回観てもジワジワきちゃうんだな。
[PR]
by ironman0823 | 2006-04-11 22:55
<< 私は飛ぶ お前も静かに眠れ >>