「ほっ」と。キャンペーン

黄金週間

d0057868_1238113.jpgd0057868_12382578.jpg

気が付きゃゴールデンウィーク。特に予定もなくダラダラしそーな予感。

「弁護士のくず」、初めてフルに観ました。いやぁ正直ツラかったっす。オープニングが「探偵物語」のオマージュくずれって感じで、いや~な予感がしていたんですが、コメディーっていう割には笑えなかったッス。トヨエツ氏のはっちゃけた演技が”無理して演技”に見えちゃって痛々しかったし、弁護士のハナシなのに法廷シーンもなく、ラストも締りがなかったなぁ。後に何も残らないじゃん。ゲストの片桐はいり嬢の使い方ももったいなかったと思います。コメディ初挑戦のトヨエツ氏ファンには堪らなく面白いのだろーけど、最近のドラマの現状を痛切に感じてしまいました。鉄男さまの「事件狩り」とは全然違いました。(とーぜんだが)何にでも難癖つけるオババと化してしまったワタクシでございます。だってそう感じちゃったんだもん。

先日も書きましたが、火曜日は要チェック番組が多いのですが、新たにもうひとつ増えました。古いのばっかでノスタルジーの中で生きてろ状態で「ザ・モンキーズショー」でございます。幼稚園の頃、楽しみに観ていたのですが、更にハマったのは1980年コダックのCMで「デイドリーム・ビリーバー」が使われ(これは第二弾で、第一弾がママス&パパスの「夢のカリフォルニア」だったよな)、続けて夕方にTVシリーズの再放送が突然始まった時でございました。あの時のブレイク振りは凄まじかったです。過去のアルバムは殆ど再発され、未公開の映画まで公開し、歳くっちゃったメンバーまで来日させる騒ぎとなりました。んで、ワタクシのお気に入りは唯一、来日しなかったウールハットのマイク・ネスミスさんでした。モンキーズ脱退後MTVの前進となるミュージック・ビデオ会社を設立し、ご母堂が修正液「リキッド・ペーパー」を発明して大金持ちになっていらっしゃいます。過去の栄光にすがらなくてもって気持ちか、何回もされた再結成でもマイクの姿はありませんでした。この方は、カントリーがお好きなようでモンキーズの楽曲は仕方なくなくやっていたよーな感じだったよな。

オープニングはビートルズ映画で有名なリチャード・レスター監督の「ザ・ナック」のパクりだったりします。ちなみにこの映画はジェーン・バーキン、ジャクリーン・ビセットのデビュー作でチョイ役で出ている姿が観られます。今のワタクシでは、こっちがオススメかな。

ビデオ発売記念パーティーに、嘗ての上司が日本語吹替えのディレクターだった為、雑用係で行かされてデイビー・ジョーンズ氏役のうっかり八兵衛さんを会場に案内したことがいい思い出でございます。

最近は、久々にマイクも参加して4人で活動したこともあったよーです。アメリカではエヴァーグリーンなんでしょーな。

作られたアイドルだったけど、いい曲いっぱいのモンキーズ。今じゃ笑えないかもしれないけれど、頑張って観続けようと思っている黄金週間前日。

d0057868_13324963.jpgd0057868_1333557.jpg                      
 





フランク・ザッパさんに扮したマイクとマイクに扮したフランク・ザッパさん。

d0057868_1339230.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2006-04-28 13:36 | 音楽
<< Tattoo'd dad 青空が笑ってる >>