「ほっ」と。キャンペーン

サークルゲーム

d0057868_0353649.jpg


ゴールデンウィークはNHK BS2ばかり観ているワタクシですが、番組表を見ていたら「あらー、いちご白書やるじゃん!」で、またもや小躍り気味でございます。本日6日(日付は7日になりますが)深夜1時10分より放送されます。かなり前に放送された時は、持っているビデオ(17,800円も出して買ったのよん。昔はすっげー高価でした)にはないシーンがあったので録画予約もスタンバイです。これ、本当に大好きな映画でございます。

当然、存在を知ったのは「いちご白書をもう一度」の大ヒットからです。当時、リバイバルロードショーの嘆願署名運動があったんですが、映画館での上映は叶いませんでした。が、東京12チャンネルのゴールデンタイムでの放送が実現いたしました。冒頭解説の時、バンバンが登場したのを覚えております。この時から、この映画、音楽、主演のブルース・デーヴィソン様にぞっこんになっちまいました。

バフィ・セント・メリーの歌う主題歌は勿論、CSN&Yの「Helpless」「Our house」(デジャ・ヴで聴けますね)、サンダークラップ・ニューマンの「Something in the air」など名曲が、絶妙なシーンで流れます。そして「Give peace a chance」の大合唱の後の衝撃のラストシーンへと続くドキュメンタリータッチの描写が、学生運動など全く知らないワタクシには、とてもショッキングでした。

ビデオを購入した20数年前にはサントラLPも発売されていたんですが、そんな時代じゃなくなってしまったのか、左翼すぎて売れないと思われたのか現在ではDVD化もCD化も日本ではされていません。どーしてー???!

警官隊に飛び掛るところでストップモーションとなり、再び「The Circle game」が流れるところが、とても印象的でした。 ”回転木馬のように季節は巡る 人生はまるでサークルゲームのようだ” ジョニ・ミッチェル

学生運動がテーマってより、ほろ苦い青春映画ですよね。'70年公開のいわゆるニューシネマの一つとされていますが、その頃、鉄男さまは「若者たち3部作」で、デモ行進したりしてたのよね(今回も苦しいこじつけ)。主人公サイモン役のデーヴィソン様は、今でも映画や舞台、テレビドラマでご活躍。低迷期を脱してよかったねー。オスカーにノミネートされた時や「ザ・プラクティス」で見かけた時は、嬉しかったぞ。


d0057868_0361329.jpgd0057868_0372048.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2006-05-06 01:49 | 音楽
<< ゲバラに逢ったのさ Fly me to the moon >>