「ほっ」と。キャンペーン

ガセビアの泉

d0057868_5564054.jpg d0057868_557544.jpg





「火曜日ならベルギーよ」2回目の視聴でしたが、初めてクリアーな映像でストーリーもハッキリ解り(前回はドノヴァンしか頭になかったもんで)面白かったです。脚本がオスカーにノミネートされただけある佳作でございました。

んで、今回はお詫びです。オープニングが始まり大好きな主題歌 「If it's Tuesday, This must be Belgium」が流れ、キャー!ドノヴァンの声だわ、この歌久しぶり~・・・などと浮かれながらタイトルロールを見ていた時に飛び込んできた Performed by J.P. Rags の文字。・・・愕然!!

申し訳ございません。この主題歌は、作詞、作曲はドノヴァンさんですが歌っていたのは、J.P.ラグスとゆー御仁でした。サントラも海外で発売されております。版権の関係か、王子の「Lord Of The Reedy River」は収録されておりません。・・・・しっかしなー、今回観るまでずーっと王子が歌っていると思っていたなんて。声、そっくしじゃん。(まだ頭の中で整理がつかず、納得できない無駄な抵抗、思い込んでた20余年を返してくれ)

ドノヴァン王子が登場するユースホステルに、両親に無理やり旅行に連れてこられたシェリーを案内した学生運動家のボーは、「わんぱくフリッパー」のサンディー役、ルーク・ハルピン氏でございました。大きくなったなあ(爆)

主人公のスザンヌ・プレシェット嬢、イアン・マクシェーン氏とも現在のお姿を拝見すると、人間って積み重ねが大事だな・・・などとワケわかんないことをしみじみ思った次第でございます。


d0057868_6275671.jpgd0057868_6282033.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2006-05-24 06:34 | 音楽
<< おかげさま そろそろ来る(カメレオン) >>