たとえどんなに離れていても


d0057868_20105981.jpgd0057868_2011166.jpg






今年は五月晴れとゆーよーな晴れ間が少なく、このまま梅雨入りしてしまいそうな天候が続いております。ジメジメしていてうっとーしいったらありゃしない。

'87年8月5日に放送された「みちのくハネムーン殺人事件」は、三毛猫ホームズシリーズを彷彿させ、また昔からの石立ドラマファンには嬉しいキャスティングがされている2時間ドラマでございます。鉄男さまお得意の”年齢差のある夫婦”モノで、今回の細君は柏原芳恵嬢。プリンス(日本の)もお気に入りだったアイドルが相手となると違和感あるかな?と思いましたが、そこは若い女の子はおまかせの鉄男さま。旨くリードして、なかなか面白いコメディサスペンスドラマとして観ることができました。

うだつが上がらない刑事、山田一平(鉄男さま)と20歳の年齢差を越えて結婚した新子(芳恵嬢)が結婚式中に起こった殺人事件を、新婚旅行中に解決するってーのが大まか(すぎる)なストーリーです。イニシアティブは、勿論、奥方でございます。

「山さん」と同僚から呼ばれる一平の妻の名前はシンコ。上司役は長さん・・・じゃなかった下川辰平さまです。
一平と同い年であるシンコの父親役で山田吾一氏、同僚刑事役で山本紀彦氏が出演されており、久々に清水3兄弟が揃いました。残念ながら3人揃っての掛け合いは見られませんでしたが、揃っただけで嬉しがっていたのはワタクシだけではありますまい。(だけだったらと少々弱気にもなる)

これを観た時、鉄男さま、いきなり老けたなーって感じました。実年齢では9歳も年上のテル坊ちゃまと同い年役に、何の違和感もございません。でも、乗馬シーンも見せてくれ、ワタクシは単純に嬉しかったのでございます。

5月31日、CSのTBSチャンネルで正午から放送されますので、環境の許す方はご覧くださいませ。とーぜんの如く大映テレビ(株)制作でございます。


d0057868_20114243.jpgd0057868_20115948.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2006-05-27 21:03
<< シリーズ化? おかげさま >>