「ほっ」と。キャンペーン

初体験


d0057868_12564416.jpgd0057868_12574266.jpgd0057868_1257572.jpg






先週、家族で出かけた時にカレーでも食べるかとゆーことになり、こじんまりとしたお店に入りました。”本場のカレーが味わえる店”と書かれておりインド人らしき殿方が厨房にいました。本場のカレー=ナンで食する・・・と●カの一つ覚えのよーなオットが「ナンはありますか?」と聞くと、「うちはナンじゃなくてチャパティーなんです。」との答え。(このご主人はインド人の父、パキスタン人の母を持つ方でした)

チャパティー!「雑居時代」、ワタクシの大好きな18話「さよなら、先生!」でジャックがまずい、まずいと連呼していたあのチャパティーが食べられるってことで、期待にない胸が膨らみ(気持ちだけ)ました。

アタという全粒粉をこねて作ったインド・パキスタンの一般家庭の主食であるチャパティー。ナンはどちらかとゆーとソーシャルな場で出すものだとお店の奥さまが教えてくれました。チャパティーの方が香ばしくて、噛み応えがありモチモチ感がありました。一度は食してみたかったけど、なかなか機会がなく忘れた頃に遭遇したので、とても嬉しかったです。

カラコラム調査団から外されて、泣きながら「マズい」を連発しながら食べていたジャックさんでしたが、ワタクシの食べた本場の味のチャパティーは、すっごく美味しかったです。一家4人とも「ウマい、ウマい」と食しました。

オットが「チャパティーってスポーツにもそんな名前のヤツなかったっけ?」とのたまいました。・・・・・それはカバディだー!


d0057868_1320023.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2006-06-13 13:27
<< 背の順に並べ 残念でした >>