青い空

d0057868_10145429.jpgd0057868_10151535.jpgd0057868_10154071.jpg






台風が過ぎ、ここ何日か快晴で青空が広がっております。久しぶりに「ワンパク番外地」を観ちゃいました。ヤスいな~って感じのアニメのオープニングにのって、児島美ゆき嬢による主題歌が軽快に流れます。打ち切りになってしまった「ハレンチ学園」をそのままソフトな子供向けにシフトされた苦労が、今になってほんの少し理解できます。

ある回に、女エノケンと異名をとる、私にとっては真の「いじわるばあさん」、武智豊子さんが出て参ります。明治生まれのガンコばあさんといえば、後年、NHKFMで放送したラジオドラマ「さらば国分寺書店のオババ」を怪演され、これ以上のキャスティングはないと思われた彼女と原泉さんしかいない!と断言しちゃいます。(初井言榮さんはまたチョット違うんです)もう、こーゆーおばあちゃんはいませんね。どんどんキレイになっている気がします。

放映当時、既に60歳をとうに過ぎていたのに猫も杓子も、ワタクシの母でさえも着ていたミニスカートをお召しになって踊っていらっしゃいます。浅草の舞台やエノケン一座で培われた役者魂を感じずにはいられませんでした。

d0057868_10404356.jpgd0057868_1041752.jpg









テレビの中に入っている幽霊アニキの鉄男さまの初登場シーンですが、'71年当時でもこんなに大画面のテレビを登場させるとは、先見の明があったとしか思えません。(些細な冗談です)
幽霊のくせに最終回が近づくにつれ、髪が小早川薫くんのように伸びていきます。制作が日活とゆーこともあり、同時に始まったロマンポルノ路線に変更し同社を退社した「職人」が集まったユニオン映画石立ドラマがらみでの出演だったのかなー。

d0057868_10494694.jpgd0057868_10514236.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2006-09-21 11:01
<< うさぎの眼 ポスターその2 >>