「ほっ」と。キャンペーン

生きてりゃババアは103歳


d0057868_1281097.jpg


ワタクシは、ナンセンスコミックソングの類が好きで、エレックレコード所属だった「まりちゃんズ」もよく聴いておりました。知らない方が当たり前田の・・・ってグループでしたが、最近、おじさんになった二人のメンバーが「藤岡藤巻」と名乗ってニューアルバムを出しちゃったりしています。彼らを知っている人たちの中で、特に有名な曲が「尾崎家の祖母」(おざきんちのばばあと読みます)なんですが、リリースから約20年後、赤坂「東京JAP」泰彦氏のおかげで再び脚光を浴び(?)、なんとテレビ出演した映像をyou tubeで見つけちゃいました。なんてったて驚くのが彼らを除く出演者の豪華さ。中津川フォークジャンボリーをもじって河田町フォークジャンボリーって銘打った番組(冗談画報のスペシャル?)だったと記憶しているんですが、かなり曖昧です。リアルタイムで観ていたんですが、高田渡さん、エンケン、西岡恭蔵さん、大塚まさじさん他他すっごいメンバーでした。録画しておけばよかったなあ。

んで、いい年して歌詞とババアの年齢を変えて披露された、お粗末すぎるまりちゃんズをお眼汚し。尾崎さんの動きがなんか不自然に思えちゃうのであります。

不惑をすぎたまりちゃんズはコチラ

d0057868_148918.jpgd0057868_1482863.jpg






                                 左から 尾崎、藤岡、藤巻



シングルのジャケットのイラストを、古谷ダメおやじ三敏センセイに依頼したってことは、少しは期待されていたんでしょーか。しっかし、なんでまりちゃんズなんて好きだったんだろ?それはきっと74~5年当時大好きだった「ずうとるび」と同じレコード会社だったことも関係しているようです。(客観的にキッパリ)
[PR]
by ironman0823 | 2006-09-28 02:06 | 音楽
<< 若すぎる二人 カラーバー >>