「ほっ」と。キャンペーン

園丁三郎


d0057868_1203050.jpgd0057868_1205466.jpg






本日深夜、CSで「愛の渇き」が放送されます。DVDも発売され、来月にも何回か放送されますが、もう一度ゆっくり鑑賞しようと思っています。ここんところヴィスコンティ特集も観ているので起きていられるかちと心配ではありますが。しかし昨日の「ルードヴィッヒ」は4時間とゆー長丁場で久々に観たのですが疲れました。20代の若さであの役を演じきったヘルムート・バーガーはヴィスコンティによって開花されたけど、そのまま椿の花のように花の形のままポトリと落ちてしまったのかもしれません。(彼の顔を見ると、以前はダリル・ホール、最近はデヴィッド・ベッカムを思い起こします)

おっと話題が逸れました。「愛の渇き」の一場面に、鉄男さま演じる園丁の三郎が鶏をさばくシーンがあります。観ていて顔をそむけたくなるよーなちょっと残酷なシーンですが、この手つきがやけに堂に入っています。そこでワタクシはふと気付いたのであります。この場面は原作にはなかった筈。でも後の悲惨なラストを迎える一つの伏線としてこの映画の重要な部分に思えるのですが、使用人である三郎に鶏をさばかせたのは鉄男さまの実家が養鶏所で、子供の頃からやっていたからでは・・・。別に驚くよーな発見ではありませんが、ワタクシにとってはそーに違いない!とオタッキーな喜びを覚えたのでありました。

これだけのコトで、もったいぶった、大げさな書き方してしまう程、この映画での鉄男さまは、コメディドラマ、大映ドラマでしか彼を知らない方には驚いてしまう一面を見せてくれるのであります。
[PR]
by ironman0823 | 2006-11-24 12:41
<< 今日でお別れ Conversation pi... >>