「ほっ」と。キャンペーン

遅れてます


d0057868_1101045.jpgd0057868_1103525.jpgd0057868_1105092.jpg








めっきり寒くなりました。寒すぎて身体を動かすことも億劫になり更新も滞っております。いつも言い訳めいて、何かにかこつけているのがワタクシの真情ってところでしょーか。

今回は'74年10月9日に放映された「夜明けの刑事」第2回でございます。タイトルはご覧の通り、人気絶頂のキャロルがゲスト出演しております。流行モノを取り上げるのがお得意の当ドラマ、殆ど矢沢永吉バンドっぽい彼らを取り上げているのはサスガでございます。印象としてはキャロルってTBSと縁が深いのねって感じです。関東のみ放送されていた(と思う)「ぎんざNOW」にレギュラー出演していたり、これの特番として解散後、ドキュメンタリー番組を放映したりしておりました。

ドラマはキャロルの大ファンである(キャロリストと言ってました・・・失笑モンです)保積ペペ氏(へそはあるのか・・古すぎ!)が殺人事件に巻き込まれ、追われてキャロルのコンサートに紛れ込む。鉄男さま率いる刑事たちに事情を聞いた矢沢氏が、ナマりながらステージからペペ氏を説得する。----かなり乱暴なあらすじですが、ま、こんな感じのハナシでした。このドラマの為に多くのエキストラを使い、ライヴシーンが収録されたようです。「ルイジアンナ」「ズッコケ娘」「ヘイ・ママ・ロックンロール」の演奏シーンが観られます。ライヴ主催者役で、元シュリークスのイルカぢゃなかった、元フォークルののりちゃんことはじだのりひこ氏が出ているのも今ではナツカシイ(まわりくどいですね、スイマセン)。

d0057868_11481285.jpg



台詞は矢沢氏のみで、あとのお三人さんはただ立っているだけです。この頃からワンマンバンドっぽかったんでしょーね。後の確執を暗示するかのよーでした。当時小学6年生でおくれていたワタクシは、彼らの存在は知っていましたが、そんなに人気があったとゆーことにピンときません。洋楽に夢中になった頃だったのでアウトオブ眼中だったのかもしれません。


2006年の現在だからこそ「お宝映像」に属するのかもしれない、永ちゃんとのりちゃんのツーショットと、キャロルのみなさんとペペ氏と坂上”飛びます”二郎氏が1フレームに入っているショットで締めようと思います。


d0057868_11593844.jpgd0057868_11595482.jpg











・・・締めようと思ったんですが、久々にこの回を観てみんな若いなあ、ギラギラだなあ、ワタクシも寒さにかこつけてサボらないで「やる気!」を起こさなくっちゃー!!って思えなかったのが我ながら情けなかったです。皆様もお身体、ご自愛くださいませ。

d0057868_12547.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2006-12-12 12:13
<< 踏んだり蹴ったり ドキュン >>