「ほっ」と。キャンペーン

心のうた

d0057868_13281244.gifd0057868_13271830.jpg











CSですっげ~懐かしいアニメを楽しみに観ております。歌手を夢見て、高校生の分際で「流し」をしたり地方へドサ周りしたりする、現代社会では到底考えられないシチュエーションの女版ド根性出世物語「さすらいの太陽」でございます。小学生だったワタクシはテレビアニメと共に少女コミックの連載まで読むほど大好きな作品でした。今でもエンディングの「心のうた」は歌詞見ないで歌えます(無意味な自慢)。

過去にも何回か再放送されたようですが、ワタクシは今回が成人してからお初でございます。んで、主人公である峰のぞみのライバル、香田美紀の吹替えが”デカねーちゃん”こと嘉手納清美嬢だったことを初めて知りました。声優のお仕事もされていたとは知りませんでしたが、たった7回か8回で初代サリーちゃんの平井道子さんと交代してしまいます。調べたところ、このアニメと「おひかえあそばせ」の初回放送日が1日違いだったことがわかりました。レギュラードラマの撮影が忙しくなり降板したのかなあ?と推察されます。この前年に工藤堅太郎氏と結婚されていますしね。

「さすらいの太陽」ですがアニメと漫画ではラストが違います。まるで「侍ジャイアンツ」や「タイガーマスク」のよーであります。ああ、ファニー!ボクサーのリング名としては弱っちー印象この上ないファニー森山。この作品で『破傷風』とゆー疾病名を知ったワタクシでございます。やっぱりラストに「死」を持ってくるのはテレビアニメとしてはタブーだったんでしょうね。

♪うたは~私の~ともだ~ちだ~かぁら~

d0057868_145225.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2007-04-04 14:07
<< 大全集 万年課長 >>