「ほっ」と。キャンペーン

ザアマスは死語になりにけり

d0057868_17403586.jpg


今年は本当に寂しい年になっちゃいそーです。どんどん、テレビの中に「いるのが当たり前」だった役者さんがいなくなっちゃいます。最近のテレビドラマに出てくる若い役者さんは、顔と名前が一致せず、遥か昔に親の世代が言っていた「どれもこれも同じ顔に見える」と同じコトを感じています。ワタクシもあの時の親の世代になっているんだなーと妙な気持ちにもなりました。

塩沢ときさんも小堺サンのお昼の番組でブレイクする前から、いっつもひょっこり,それでもインパクト大で画面に登場しておりました。豪快で狂言回し的キャラが多かったけれど、「パパと呼ばないで」での不動産屋のオクサン役もその一つでした。印象に残っているのは「飛び出せ青春」の保積餃子ペペ氏の母親役。頭師どですかでん佳孝氏と演じる凸凹コンビの元祖、本家の饅頭屋で「パパ~」でおばちゃんやってた三崎千恵子さんと年中、言い争っていました。画面に出てくるだけで、どーなるのか解っているんだけれどジメジメしてなくカラッとした雰囲気で一場面を盛り上げてくれました。

塩沢さんは、映画「おくさまは18才 新婚教室」でも鉄男さまと共演しています。この時はテレビ版では冨士真奈美嬢が演じていた渋沢先生をやっていたなぁ。

d0057868_189568.jpg


塩沢ときさんのご冥福をお祈りいたします。(もう誰の冥福も祈りたくないぞ)←ホンネ



「新婚教室」ではお隣のオバサン、「パパ~」では銚子のオバサンを演じていた、何十年経ってもお変わりない、野村「会長さん」昭子さんや前出の三崎千恵子さんにはお元気でいてもらいたいと切実に願う、昭和ドラマから抜け切れないワタクシでございます。

d0057868_18154647.jpg
d0057868_1818645.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2007-05-19 18:21
<< ドッキリチャンネル 愛と愛をつなぐ >>