「ほっ」と。キャンペーン

役者バカ一代

d0057868_1226515.jpg



ほんの一時、日本を爽やかに照らしてくれてありがとう。

鉄男さまの訃報を知ってずっと「おひかえあそばせ」を観ていた。私にとって特別な作品であるこのドラマの中の薫くんは初々しくキラキラしている。何回も観ているのに、亡くなったってショックである筈なのに、いつの間にかお話の中に吸い込まれて笑ってしまっていた。最後に観ようと飛ばした最も思い入れのある第6話「匂うばかりに」以外は。
私の最も古い鉄男さまの記憶であるこのお話のラスト、みんなで焼き芋を食べる場面で堰をきったかのように涙が止まらなくなった。声をあげて泣いてしまった。8歳の私がどういう状況で視聴し、どんな会話をしたかまで覚えていて、この人好きだと確信した宝物。

鉄男さまが何回も発した「バカヤロ、コノヤロ、テメー!」を言った分だけ、いきなりいなくなっちゃった彼に捧げたい。



沢山のコメントや私を心配してくださるメールまで戴きありがとうございます。お返事書けなくてごめんなさい。今はただなんとな~く色んなことを教えてくれた石立さんに何かできることはないかなぁって考えています。

今日も元気だ、明日も元気、ただ前を向いて歩くだけ。
[PR]
by ironman0823 | 2007-06-06 13:02
<< 空がこんなに青いから 涙流すときはそっと・・・ >>