覗いちゃダメ

d0057868_11393668.jpg


またまたご無沙汰しちゃいました。お恥ずかしいことに、現在のワタクシは松葉杖生活でございます。愚息の耳下腺炎も全快しこれで鉄男さまのドラマをゆっくり見直せるぞと思った矢先、粗忽さが災いして左足の靭帯を痛めちまいました(恥!)。ホント、おかしすぎて涙が出らぁ。
オット曰く「緊張感が足りないんだ」・・・。そーいやヒロミツ氏司会の健康番組にゲスト出演した鉄男さまも同じコト言っていたなあと、何でもかんでも彼と結びつけちゃうワタクシも因果といえば因果。

20年、風邪一つひいたことがないと言う鉄男さまにアシスタント嬢が「私、すぐに風邪ひいちゃうんですぅ」と言った瞬間、すかさず「緊張して生きていないからですよ」と鉄男節発射。うーむ、常に弛緩して生活しているワタクシには耳が痛いオコトバですが、今から思うとちょっと自分の身体に対して過信していたのかもとも思えるのでございます。石立家は長寿の家系らしく、ご尊父の光男氏も(確か3年ほど前に100歳くらいで亡くなられています)横須賀市から表彰される程。まさか自分がこんなに早く・・・正に青天の霹靂、寝耳に水状態でビックリされているのではとつい、空想してしまうのです。

テイタラクなワタクシですが、最近は今までゆっくりと観ることのなかった「トミーとマツ」を見直しております。課長に降格してレギュラー入りされた頃も、勿論すっごく面白いのですが、第一部の管理官としてセミレギュラー出演していた頃の林隆三氏演じる御崎課長との掛け合いがなんともいえず痛快まるかじりでございました。俳優座養成所出身同士による演技の激突は、一瞬たりとも見逃せないとさえ思えるほどでございます。だって二人ともカッコいーんだもん。表向きは上下の関係であるけれど、警察学校の親友という設定での会話はドラマ自体の柱とさえ言えます。お話にのめりこんじゃうんだな、コレが。
特にヒロミツ氏がゲスト出演された回は、トミーとマツがすっかり脇になってしまった快作でございます。3人で女性の風呂場を覗くシーンはついつい頬がゆるんでしまいます。

観ている最中は大笑いしているんですがエンドロールになった瞬間、もう二人ともいないんだなーと我にかえるのでございました。

初体験の松葉杖も身体の一部と慣れてまいりましたが、もうそろそろ自力歩行ができそうです。いや、もう殆ど出来るんですが我が家の殿方たちへの見せしめとゆーか、家事をサボろうとゆー姑息な魂胆でヒョコヒョコとやっている今日この頃なのであります。

d0057868_12313216.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2007-07-02 12:33
<< 下宿時代 浅草物語 >>