チャンネル泥棒

d0057868_2240193.jpg



ズビズバー・・・。ひでぇ風邪をひいちまって鼻水、咳がこれでもかって具合に出てきてエラい目にあっております。汚いハナシから入ってめんごなさい。

フラフラ頭が朦朧としているうちに、な~んとモンティパイソンの幻の吹替ヴァージョンがDVD発売だと!? BBCとの契約で日本語吹替は破棄されたと言われていて、絶対にこの世に存在しないとされていたのに!マニアの方が録音したものをデジタル処理したよーですが、過去遺産化されているLD版(字幕版)を所有しているのにも拘わらず、フラフラ頭がついフラッとアマゾンでポチッっとしちまいました。すっげー驚いたけどすっげー楽しみだったりしちゃったりして・・・。

なんか散財の季節が到来しちまいました。今月は遥か40年前にNHKで放映された「駅」とゆードラマ(元細君の吉村実子サマ共演)もDVD発売されるそーです。’60年代の鉄男さまは結構NHKのドラマに出演されております。殆どVTRが消去されてしまっているのでこの当時のドラマが観られるのは貴重なんでしょうね。銀河テレビ小説「白鳥の歌なんか聞こえない」では主人公薫くん(小早川ではない、あしからず)のお兄さん役でした。あのカーリーヘアで大蔵省勤務とゆー強引なご出演でございました。もう1回観たいなー。映画版では中尾ネジネジ彬氏がやっておりましたっけ。

そしてチャンネルnecoでは、ワーイワーイワーイワーイ♪とつい歌ってしまう「ワンパク番外地」が放送されるとな。幽霊アニキをもう一度!NHKBSでは、ルノー・ベルレー特集なのか「愛ふたたび」でキーちゃんとして登場されます。おフランス男と二人で秋葉原の電気街に繰り出すシーンでは、負けず劣らずのいい男っぷりが拝めるぞ。ルリ子嬢のフランス語もおじょーず。

脈略なく書いてしまったけれど、未だに島田順司氏に溺れまくっています。ずーっとこの結束信二氏脚本のシリーズを観ていて、ある種、ユニオン映画の石立ドラマシリーズと共通点が沢山ある気がいたしました。この作品に対する熱気が同じよーに感じるんだろーな。

ヤバい!今度は69歳のオジサマにぞっこんかよ・・・(溺れてるのは20代後半から30代にかけての島田氏ですが)。

みなさまもワタクシのよーにエラい風邪などお召しになりませんよーに、ご自愛くださいませ。
[PR]
by ironman0823 | 2007-11-08 23:12
<< 月島事情 Trick or Treat >>