フレッシュな個性で飛んでます

d0057868_1413733.jpg


「石立鉄男」という役者に興味をもって、色々情報や資料を集めておりますが、未だに見ていない作品が沢山あります。 特に見たいのが映画初出演となる福田純監督の「血とダイヤモンド」(’64)、布施明と共演した「S.Hは恋のイニシャル」('69TBS)、そして今回取り上げる「光る海」(’65TBS)でございます。

言わずと知れた、石坂洋次郎原作で日活の吉永小百合、浜田光夫共演、CXの中野良子、沖雅也共演のものは見ているのですが、鰐淵晴子、石立鉄男共演のそれは資料も少なく、忘れられた存在のような位置付けでございます。  ただ、このドラマでお茶の間に名前を知られ、文学座の公演に鉄男ファンが多く出向いたというのを何かで読んだことがあります。 楽屋にまで押しかけたツワモノもいたとか。 主人公の心をかき乱す野坂孝雄を、鉄男さまがどう演じたのかぜひ、この目で見たいのですが、TBSチャンネルにわずかばかりの期待をするだけです。

しっかし、腕の力があるんですねー。 すごく飛んでおります。 たかだかガードレールをまたぐだけで、こんなに飛び上がる必要があるのかと思うくらい。 それ故に「フレッシュな魅力」でなく「フレッシュな個性」とされたんでしょうか? よくよく考えてみると「フレッシュな個性」とはなんぞや?
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-13 14:26
<< 気ま天サントラ 弟(石原軍団じゃありません) >>