カテゴリ:未分類( 291 )

夜かな?フォーエヴァー

d0057868_11501969.gifd0057868_11503316.jpg









悲しいよー、悲しすぎるよー。 悲しすぎて何書いていいかわかんなくなっちゃったりなんかして。

ただただ哀悼の意を表します。 

モンティ、やっと全部観終わったばかりだったのに・・・・。
[PR]
by ironman0823 | 2008-03-09 11:53

立てば歩め?


d0057868_97365.jpg


ワタクシは音楽を聴くのが好きです。とーぜんレコードの時代から、はたまたソノシート世代でもあるワケですが、我が家にも様々なプレーヤーがございました。一番記憶の古いモノはSP盤も聴けちゃうポータブルで、針を落とすとパチパチと静電気の音がしてそれだってドキドキワクワク感を感じさせてくれました。かける瞬間の緊張感ったら、現在のCDの比にならない程でございました。朝日ソノラマには本当にお世話になったなあ。

初めてステレオコンポとゆーものが我が家に来たのは、既に小学校も高学年になってからでございました。変なプチブル感を感じたモノです。これでウチもステレオのある家になったなあと小市民丸出し状態。まっこと見栄っ張り。でっかいスピーカーが2個もあるなんて、横幅とって部屋が狭くなってかなわなかったのに、そこだけがキラキラ煌くパラダイス空間に思えました。

中学生になってから画期的なコンポが三菱ダイアトーン(ポップスベストテン、聴いていたなあ。シリアポール)のたてコンでございました。鉄男さまがCMキャラクターだったアレです。当時のワタクシは驚いたモノです。幅を取られないなんて羨ましい、部屋が広く使えるよなあ・・・などなど。しばらくして友人宅へ初めてお邪魔した時に、このたてコンがあるのを見た時の衝撃といったらあーた!でも30年前に20万円以上するステレオコンポ、スピーカー別売で2本付けたら25万以上もしちゃっていたなんて。いつの時代も黎明期ってこんなのよねー。

鉄男さまのCMっていくつかヴァージョンがあったよーに記憶しているんですが、ハッキリとは覚えておりません。い~な~、い~な~と思いながらいつの間にか姿を消し、ミニコンポの時代を経てCDになっちまいました。機能的にはとっても便利になったけれど、かつてレコードをジャケット買いなんかしていたワタクシなんかは、未だにレコードで聴きたいなあなんてオバマ氏じゃなかったオババ的なコトを考えちゃうのでございます。


私信  koebiちゃんちって「たてコン」だったよね?

d0057868_9313955.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2008-02-29 09:44

ありゃ?


d0057868_10514066.jpg



モンティのDVDが到着して丸3日、ずーっと第一シーズンから観倒しております。いやぁ、長い長い。こんなに一気にパイソンシャワー浴びちゃってどーしまひょ?って感じです。やっぱりエリック・アイドルの広川太一郎氏はいいなー。これに限ると改めて思いました。全エピソード吹替えが残っていたわけではなく、所々原語に変わるのがこれまた新鮮。結構カットされていたんですね。日本語制作のディレクターって以前お世話になっていた会社の人でした。30年以上花粉症に悩まされている御仁ですが、そろそろツライ季節なんだろーな・・・なんてコトまで考えてしまいました。 出来れば1コーナーであったタモリの映像が残っていたらこれまた出してほしいんだけどな(パイソンパーティーはいらんけど)。

話は変わって、先日テレビで「G線上のアリア」を聴きました。言わずと知れたバッハ御大の管弦楽組曲第三番ニ長調の5曲のうちの第2曲目ってやつでやんす。ココでは、雑居時代の結婚式のシーンの音楽って言えばいいんですけどね。アリアはイタリア語、エーゴだとエア、おフランスだとエールってんでしょーか。オペラなどの独唱曲のことだと思うんですが、コレには歌詞なんてないですよね。「G線上~」ってのは正式タイトルではなく愛称であることは、雑居鑑賞後に調べて判ったコトです。こーゆー叙情的な曲は厳かな気持ちになれて背筋がピンとなる気がいたします。いやー、ワタクシもケツコン式で使いたかったなー、もう1回やるっきゃないか?(ちなみに使った曲はF・アルディのWill you still love me tomorrowでした、恥ずかしいねこりゃ)

厳かなとはまたちと趣が違いますが、ずーっと前から自分の葬式で絶対に流してほしい曲がアルビノーニのアダージョに歌詞をつけた、ルネッサンスの「Cold is being」でございます。実際にアルビノーニが作ったのかワカランよーですが、映画やドラマにもよく使われておりますね。ワタクシは歌詞付きでお願いしたい。

あらぬ方向へとハナシが右往左往してしまいましたが、まだまだモンティパイソン漬けの日々は続くのでございます。元気を出したい時は「ライフオブブライアン」のラスト「Always look on the bright side of life」を聴くのじゃ!(あのE・アイドルってトミーのダルトリーさんに似ているんだよなー、あ!また脱線した)

そーだ、今日はニンニンニンの日ぢゃないか!
[PR]
by ironman0823 | 2008-02-22 11:25

安さ爆発


d0057868_143366.jpg


3月下旬発売だそーです。激安でやんすぜ。
[PR]
by ironman0823 | 2008-02-13 14:04

イッツマン


d0057868_2371720.jpg


いつ発売だったかすっかり忘れていたモンティパイソン日本語吹替え版のDVD-BOX、やっとこすっとこどっこい今月20日だそーで、浮ついた気分でございます。早く広川氏のエリック・アイドルが観たいわぁ!とソワソワ状態です。そんな中、日頃お世話になっているGyaoで、いくつかのスケッチが観られることが判ったので勇み足でご紹介。ランバージャック・ソングはやっぱり楽しいんだわぁ☆ 下手な解説なんてノーモアよん。

d0057868_2256143.jpg
d0057868_2314222.jpg

きこりはこちら
[PR]
by ironman0823 | 2008-02-07 23:09

ランナー


d0057868_1045430.jpg
d0057868_11301288.jpg








エッホ、エッホ、恵方巻き~♪ ・・・って書きたかった節分の日、東京では久方振りの雪模様でその日の予定が狂っちまいました(別の意味での溜息)。

この日、愚息が所属しているサッカークラブの大会の予定だったのですが延期となり、弁当として恵方巻きを作ろうと海老を奮発して用意していたのに、家で食べるハメになってしまいました。食べる方は何とも思っていないよーですが、作る側はちとフクザツな心境。どこにも行けない家での休日の為に作ったんじゃねーやと拗ねたくなっちまいました。節分は節分なんですが。意味もなく愚痴っております。

愚息たちが所属しているサッカークラブは色んなトコロで試合をしているんですが、都大会の予選では世田谷のクラブの多さにビックリいたします。その数がハンパじゃない。鉄男さまのご子息たちもサッカーをやっていらしたよーですが、盛んな区だったのかもしれませんな。以前、「気まぐれ天使」で加茂さんが少年サッカーのコーチをやるお話がありました。その時のチームが暁星アストラジュニア。40年もの歴史のある暁星小学校サッカー部6年選抜チームです。これがめっちゃ強いチームでして、以前愚息チームが対戦した時も白熱した試合を見せてくれました。ワタクシは愚息を応援しながらも、加茂さんチームも心の中で感慨深げに応援したものです。翌日は声が出なくなりました。子どもたちよりも親が熱くなりすぎる少年サッカー界にどっぷりでございます。

おっとっと。サッカー話を書くつもりはなかったのですが、つい親バカが出てしまいました。
ところで今月17日に今回が2回目となる東京マラソンが開催されます。西新宿の都庁前からお台場までのコースですが、佃大橋も車両通行止めになってランナーを迎えます。休日に銀座の大通りまでもが通行止めになってしまう大胆な大会で,近隣に住んでいるモノは足止めを食って迷惑この上ないんですが、去年、佃大橋まで応援に行ってちょっとばかり感動しちゃいました。そして初めてこんなに揺れる佃大橋を体感し、船酔い気分になっちゃいました。去年は悪天候だったけど、今年はどーかな?またのこのこ出かけて声援をおくってこよーと思います。出場しよーとは間違っても思いません。
[PR]
by ironman0823 | 2008-02-05 11:37

噛めば噛むほど


d0057868_100926.jpg


今日で1月も終わり、つい1ヶ月前に大晦日だったなんて信じられない。でもこの月だけ時の流れが速いのか遅いのかわからない感じなんだよなぁ。2月なんてもっと速く過ぎてっちゃうからね。

ネットドラマ「ブレイクアウト!」の秋原監督の特集上映が広島県福山市でされるそーで、同作品もラインナップに入っております。監督ご自身も次のネットドラマへの出演交渉をしようと思っていた矢先の訃報にショックを受けられたそーで、なんとか1周忌までには東京でも再上映したいお考えだとか。DVD化も権利処理が複雑で大変だけどなんとか実現したい旨、ワタクシも切に実現を望むものでございます。

最近、なんとな~く鉄男さまって青少年向け役者だった気がしてなりません。特にテレビドラマに進出してきてからね。性的ナマナマしさが感じられないから、昔でゆーところの午後8時台ドラマ向けとゆーのか、決して午後10時台のいわゆる「大人向け(子供は見ちゃダメよ)ドラマ」には向かない・・・う~ん、上手に表現できませんが、自分の親世代にはそんなに認知されていなかったかもなぁって思うよーになりました。別に彼を否定やけなしているワケではないんだけど。そんな若者限定に人気ある役者って意識が、ちょっと彼を縛り付けちゃったのかもしれないなって思いました。高い演技力にも拘わらず世間一般の評価が低いのも、ちょっと関係あるのかな。ワタクシはいつもそこがじれったくってしょーがないんですが。

しかし、だからこそいつの時代になっても「兄貴」的存在で、若い人たちに受け続けているのかもしれないですね。未だに石立ドラマの魅力にハマる(当時を知らない)青少年たちが増えているんだから。

いやいや、ただのザレ言でございました。
[PR]
by ironman0823 | 2008-01-31 10:28

大寺学校


d0057868_14174677.jpg



待っていた甲斐がありました。今週土曜日深夜、NHKBS2の昭和演劇大全集で1967年に上演された文学座の「大寺学校」が放送されます。

鉄男さまの舞台での、そして文学座時代のそれを観るのは初めてのワタクシなので、今からとっても楽しみにしております。

画像は舞台稽古の1コマ。右から二人目が鉄男さま、そのお隣が細川パローレ俊之さまです。
主人公は新劇に初出演された新派の大矢市次郎氏でございます。
[PR]
by ironman0823 | 2008-01-28 14:23

無惨の雲と渦


ずーっと時代劇専門チャンネルばっかり観て、島田順司さまをおっかけておりますが、時々石立ドラマに出ていらした方が出演されたりして、別の角度からも楽しませていただいております。

「新選組血風録」で沖田総司臨終の地とされている千駄ヶ谷の植木屋さんご夫婦を演じていらっしゃったのが、中村是好氏と赤木春恵氏。雑居時代で十一が家にある置物などを売っ払いお金を工面する場面に骨董屋として登場されたのが、中村氏でございました。

d0057868_949048.jpg



「燃えよ剣」で長州藩と手を組み、池田屋事件の引き金となった古高俊太郎を演じられた幸田宗丸氏。名作「興奮しちゃった」で十一とフーコに事情聴取した刑事役でした。この方は円谷ウルトラシリーズでよくお見かけいたしました。

d0057868_9584167.jpg



そしてビックリしちゃったのが「帰ってきた用心棒」最終回に出てきた高木飛鳥嬢もとい岡崎友紀嬢でございました。’68年制作の作品なので「おくさまは18歳」の2年前ってことで当時15歳。それにしてはとても大人っぽいと感じました。笑顔は飛鳥っぽいですけどね。

d0057868_1021378.jpg



こんなに時代劇にハマりまくるとはワタクシ自身も本当にオドロキでございます。それもこれもこの方のこの笑顔のせいなんですなぁ。あー川辺課長かぁ。

d0057868_108885.jpgd0057868_10112659.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2008-01-28 10:15

何はなくとも


d0057868_10434562.jpg




すっげーHPができました。文化庁がやるとこんなスゴいことができるんでやんすね。
もう自分の生まれた年から楽しませていただいちゃいました。 いやいや全部観るのに時間がかかることったらありゃしない(哀)。
CMって殆どフィルムだろーから素材はかなり残っている筈。いつの日にかエースコック版を作ってくれたらいいなーと思いました。


ごはんですよより江戸むらさき
[PR]
by ironman0823 | 2008-01-26 10:55