カテゴリ:未分類( 291 )

Yeah!


d0057868_1045123.jpg



今じゃメジャーになってしまった謎のお面バンド、ビークルことビートクルセイダーズの「E.C.D.T.」のP.Vをニコニコ動画で見つけてホエホエ聴いております。現在はヒダカ氏以外メンバーが変わっちゃっていますが、インディデビュー曲であるこのナンバーは今でもライヴではウケまくっているよーです。

元気いっぱいポップでいいよなー。

♪Yeah, Why don't you call me?

ウソかマコトか、フォークルのビート版とゆーことでネーミングされたとか。
[PR]
by ironman0823 | 2008-01-25 11:29

昇格編集長


d0057868_12103631.jpg
d0057868_12304562.jpg








ほっほっほ~、3日連続更新でございます。これも連日寒くって外出もままならぬ大寒過ぎの戯れでしょうか?反面、な~にヒマこいてやってんだよともう一人のワタクシが囁いては消えていくのでありますが・・・。

昨年の夏から、鉄男さまショック覚めやらずぽっかり開いた穴を埋めるかのよーにワタクシの思慕を埋めてくれた島田順司さま。一連の結束信二シリーズの彼にどれだけ癒されたでしょうか。それが高じて、今まで見向きもしなかった「はぐれ刑事純情派」シリーズまで観出しちまいました。昨年暮れにもスペシャルが放送され、今年古希を迎えられる島田さまのご尊顔を拝もうと観ておりましたら、思わぬ方に遭遇いたしました。

ゴシップ雑誌の編集長役で山本紀彦氏がご出演されておりました。う~む、ご出世なされたのね。原型をとどめながらもやはり60代半ばは否めないご容姿でしたが、相変わらずスタイルはスラッとしていて花丸でございました。今のドラマでは珍しいタバコを吸うシーンにあのリキがタバコなんて~って思った次第でございます。でもでも鉄男さま亡き後、丁々発止の相棒役であった彼がお元気に画面に登場されたことは、悲しみにくれた2007年の締めくくりとしてちょこっと嬉しかったのであります。出番は1シーンだけで淋しかったけどね。
[PR]
by ironman0823 | 2008-01-22 12:31

子はかすがい


d0057868_9581964.gifd0057868_9583261.jpg









ここ何日かCSでチャップリン特集をやっているので何本かDVDに保存しようと思い、有名どころを鑑賞いたしました。やっぱり彼はサイレントの人なんだなーと痛感。10代の頃に観てボロ泣きした「キッド」なんかは、ノン気な母親になった現在でも同じところで号泣。ジャッキー・クーガンの愛らしさ、芸達者なところも後押しして、愛するひとを思う気持ちはいつの時代でも普遍のテーマなんだなと改めて思いました。観るものを泣かせようとしていることは百も承知なのに、そのあざとさを感じさせないのは作り手の力量なんでしょう。

泣かせるのは子どもや動物を使うのが簡単、これを使うのは何か卑怯な気がするなんて鉄男さまは言っていましたが、「パパと呼ばないで」なんかも媚がない分こっちも素直に感動できちゃう。まんまと作り手の思惑にノッちゃっているんだけどね。

チャップリンの映画はどれも心の琴線に触れる素晴らしいものですが、ワタクシが純粋に泣けて何回も繰り返し観てしまうのはトーキーではない「キッド」や「街の灯」なのでありました。愛を語るのに、人間を表現するのに必ずしも「コトバ」は重要じゃないのかもって考えさせてくれました。

いやー、年末はバンツマの「無法松の一生」や「狐の呉れた赤ん坊」なんか子ども(この子供が長門裕之、津川雅彦兄弟だったりするんだが)が出てくる作品を観続けちゃった為、今一度、右京・チー坊に会いたくなりました。そうそう、小学生の頃は「パパ呼ば」とか言わず「チー坊観よう」「石立鉄男やってるよー」とドラマのタイトルなんて言わなかったよなあ。彼のドラマだけに限った現象だったけどね。さー、また石立鉄男を観ることにしよう。


d0057868_10263537.jpgd0057868_10264644.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2008-01-21 10:28

ドーナツの落とし穴


d0057868_23255867.jpg


いやはや南友、新年のご挨拶もせぬまま月日は流れ、すっかり冬眠生活に没頭してしまいました。 ワタクシ、元気は元気なんですが下手な横好きでやっているバリボで右手を負傷してしまい、何かと不自由な生活をおくっております。突き指だと思っていたのが骨にヒビが入っていた模様。それを今回は治りがおせーなと1ヶ月も放置していたテイタラク。
ほんと、落とし穴にまんまと落ちてしまったよーです。

んで、一応遺作映画となった(のかな?)「キャプテントキオ」を遅まきながら鑑賞いたしました。何がよかったかって、やっぱり音楽でんがな。頭脳警察、ビシバシかかってました。おまけにPANTAさままでご出演。でへへへ、腰骨にくるぜ。全然違うんだけど、ワタクシの中では頭脳警察と早川「書店」義夫のジャックスって2大アナーキーバンドと位置づいております。 映画自体は、それとなくアナーキーっぽさを出そうって企みが滲む程度に判るんだけど、ちょいスベり気味って印象を受けました。鉄男さまの遺作としては出来過ぎのあの台詞も、悪役じゃなくてよかったよなーって改めてホッとした気持ちにさせてくれました。

印象的だったのはストーリーではなく、最後のエンドクレジットでございました。
「ドーナツに死す」(頭脳警察ではないバンドのヴァージョン)が流れる中、撮影合間の出演者たちのショットが次々と流れるんですが鉄男さま、とーっても穏やかな笑顔でございました。いや、もう達観しているとゆーか、悟りの境地の笑顔と申しましょうか。思わず昨年放送された俳優座養成所同窓会での発言を思い出してしまいました。

「1年に1回ぐらいはこうして集まろうよ」「来年もまた集まろうよ」と最初に言ったのが鉄男さまだったので、こんなコト言うなんて珍しいなー、やっぱり一番仲間意識が強いんだなー、トシとって寂しがりやなのを隠すことやめたのかなー・・・などと色々と思ってしまった程、意表をつく発言でございました。後々になって思うと、やはり何か悟っていたのかなあとも思ってしまいますね。

映画鑑賞後、唯一持っている頭脳警察のCDを引っ張り出して思わずちょこっと踊ってみました。
[PR]
by ironman0823 | 2008-01-19 23:56

月島事情


d0057868_1661429.jpg


チー坊がクリスマスプレゼントとしてお願いしたのは、数珠玉のネックレス。イマドキの子供たちとは隔世の感がございます。殊勝だよなー、70年代の子供たちだったワタクシたちって・・・。

年末ともあってそこここと慌しい雰囲気はあるものの、以前の様な季節感あふれるワクワクした気持ちが年々薄れているように感じるのは、歳を重ねすぎただけではないよーな気がいたします。治子サンがサンタの衣装を借りようとした場面に出てくる西仲通り商店街、現在では月島もんじゃストリートなんて呼ばれておりますが、この一角にある交番ですが老朽化により取り壊される予定でした。なんでも大正15年に建てられたそーで日本最古の交番だとか。壊されちゃうなんてさみしいナ・・・と思っていたら、下町気質の月島のおっちゃん、バサマは黙っておりませんでした。取り壊し反対運動をおこしめでたく現状維持を勝ち取ったのでありました。ワタクシとしてもパパ呼ばの名残のひとつがなくなってしまうのには、出ていない小さな小さな胸を痛めていたのでとても嬉しい決定でございました。

d0057868_16305813.jpgd0057868_16311830.jpg










もひとつチー坊が実の父親と公園で遊ぶシーンの最後にチラッと映っていたラーメン屋さんの「末広」。ご主人が体調を崩され長い間休業されていました。休業を告げる張り紙に激励の言葉が書かれたりしていて、この前を通るたびに早くよくなって再開してくれよーと思っていたのですが、この夏終わり頃から昼間のみ営業を再開されました。メニューは限定されていますが、本当によかった。お店を改装されたばかりで突然の休業だったので、とっても心配していたのですが、ここのラーメンはまっこと庶民の味、めっちゃ美味しいのでこれまた嬉しい出来事でした。

身は消滅しても魂は永遠だよなあ。買い物に出るたんびにそう感じてばかりいた2007年でございます。 ほら、ここだって床屋さんはとっくに営業していないけれど、雰囲気はそのまま感じることができます。


d0057868_1644182.jpg
d0057868_1645612.jpg



みなさま、よいクリスマスを!
[PR]
by ironman0823 | 2007-12-23 16:49

チャンネル泥棒

d0057868_2240193.jpg



ズビズバー・・・。ひでぇ風邪をひいちまって鼻水、咳がこれでもかって具合に出てきてエラい目にあっております。汚いハナシから入ってめんごなさい。

フラフラ頭が朦朧としているうちに、な~んとモンティパイソンの幻の吹替ヴァージョンがDVD発売だと!? BBCとの契約で日本語吹替は破棄されたと言われていて、絶対にこの世に存在しないとされていたのに!マニアの方が録音したものをデジタル処理したよーですが、過去遺産化されているLD版(字幕版)を所有しているのにも拘わらず、フラフラ頭がついフラッとアマゾンでポチッっとしちまいました。すっげー驚いたけどすっげー楽しみだったりしちゃったりして・・・。

なんか散財の季節が到来しちまいました。今月は遥か40年前にNHKで放映された「駅」とゆードラマ(元細君の吉村実子サマ共演)もDVD発売されるそーです。’60年代の鉄男さまは結構NHKのドラマに出演されております。殆どVTRが消去されてしまっているのでこの当時のドラマが観られるのは貴重なんでしょうね。銀河テレビ小説「白鳥の歌なんか聞こえない」では主人公薫くん(小早川ではない、あしからず)のお兄さん役でした。あのカーリーヘアで大蔵省勤務とゆー強引なご出演でございました。もう1回観たいなー。映画版では中尾ネジネジ彬氏がやっておりましたっけ。

そしてチャンネルnecoでは、ワーイワーイワーイワーイ♪とつい歌ってしまう「ワンパク番外地」が放送されるとな。幽霊アニキをもう一度!NHKBSでは、ルノー・ベルレー特集なのか「愛ふたたび」でキーちゃんとして登場されます。おフランス男と二人で秋葉原の電気街に繰り出すシーンでは、負けず劣らずのいい男っぷりが拝めるぞ。ルリ子嬢のフランス語もおじょーず。

脈略なく書いてしまったけれど、未だに島田順司氏に溺れまくっています。ずーっとこの結束信二氏脚本のシリーズを観ていて、ある種、ユニオン映画の石立ドラマシリーズと共通点が沢山ある気がいたしました。この作品に対する熱気が同じよーに感じるんだろーな。

ヤバい!今度は69歳のオジサマにぞっこんかよ・・・(溺れてるのは20代後半から30代にかけての島田氏ですが)。

みなさまもワタクシのよーにエラい風邪などお召しになりませんよーに、ご自愛くださいませ。
[PR]
by ironman0823 | 2007-11-08 23:12

Trick or Treat


HAPPY HALLOWEEN

d0057868_1011175.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2007-10-31 10:02

女の悲鳴


d0057868_1595067.jpgd0057868_20202.jpg






「夜明けの刑事」、記念すべき第1回。

ある雷雨の夜、黒ずくめの男がとある病院に忍び込む。院内にある看護婦寮(今は士ですが)で寝ている3人を次々とナイフで刺し殺した。雷が怖かったのかベッドの下に隠れていて難を逃れた若い看護婦(あーら「甲介」の銀子ちゃんじゃない)が一部始終を目撃した後気絶してしまう。

騒然とする現場にちょっと遅れて車で相馬課長登場。何故か手にはパイプを持ってるぞ。おまけに二日酔いなのか千鳥足だー。群がる記者たちの中にはアリクイ・・・じゃなかった雨宮こと津村氏や梅津栄(今じゃ好々爺じゃ)氏の顔が見える。アリクイさんが「頑張ってくださいよ、眠狂四郎」とエール。そっかー、課長のイメージって眠狂四郎だったんだあ。っていってもこの時にしか言われていませんが。 ただのヨッパライの様にフラフラと現場に行き惨状を見た途端、いきなりキビキビと動き捜査状況を聞きだすソーマ。手にはパイプを持ったまま、絶対に離しません。

どんじりにやってきた主人公、スッポンの鈴木(二郎さん)、血まみれの死体を見るなり気分が悪くなり、エリート黒田刑事(藤木カミングアウト敬士)にたしなめられますが、いきなりお経をあげ出して犯人逮捕を誓うのでありました。殺人現場である病院で何故か合同通夜が営まれ、被害者の遺族にお悔やみを言うフリして、「人から恨まれるようなことは・・・」などと捜査しまくるスッポン二郎さん。この病院の婦長がストーリー進行の関係上、ペラペラと確信ポイントをしゃべりまくります。あれ?この婦長さん、「雑居時代」でも春子が勤める病院で婦長やってた人じゃん。婦長キャラなんでしょか?(おいおい)

変質者の犯行かと自称エリート黒田や警視庁の考えを否定し、男女関係のもつれじゃないかと鉄男さま・・じゃなかった相馬課長の霊感ヤマ感第六感で洗い出しにかかります。唯一の目撃者である銀子ちゃん(役名違うって)の惨劇の恐怖からくる錯乱振りはスゴいです。胸ははだけて下着まで見えちゃう熱演です。殺されたキーパーソンである看護婦は「愛するってこわい」のじゅんとネネ(古いよなあ、でも再結成したんだっけ?)の髪の短い方の人。そのじゅんとネネの男役の方の男(まぎらわしい!)が浮上し、なんたらかんたらあって(手抜き)金持ちのドラ息子がじゅん嬢とお遊び半分で付き合ったんだけど、彼女の元カレがヤクザ関係だったのを知って報復が怖くなって殺しちゃったらしい。 ってーことは、たまたま同室だった為に殺されちゃった他2名の立場は・・・ひでぇ話だ。すげぇ脚本だ。

ドラ息子役が牧圭介コーチもとい中山仁氏。足を怪我しただけで特別室に入院中。スッポンと石橋正次氏が聴取に行った時には、コーチ曰く「銀座の一流ホステス」3人をはべらかせていましたが、このお3人がちっとも「一流」に見えない。仕出し不足だったんでしょーか?どーも蓮っ葉に見えて少々ツライところでございました。
相馬課長の強引な推測でしょっぴかれた牧コーチは、この手のヤツの常套手段「名弁護士」を呼ぶんだけど、これがあーら忠さん、名古屋章氏でございました。「水もれ甲介」と同時期に放映されていたので、ついついそっちの役名で呼んじゃいます。とにかくアッチのレギュラー陣が殆どコッチにも出演されているんで、別な角度からも楽しめちゃいます。日の出署の署長には、大映ドラマ大功労者、何年経っても芸風に進歩がないが変わらない宇津井健サマに釈放を要求、相馬課長を別室に呼び固い絆を確認しあい「一緒に刑務所に入ろう」とゆーことでこれを拒否。しっかしゴーカなキャストだなあ。福田豊土氏、蟹江敬三氏、大泉滉氏とかも出てきたし、81歳の現在でも現役でいらっしゃる杉山とく子さんも出ていらっしゃいます。増村保蔵監督だもんね。そりゃみな出るわな。

後は証拠品である凶器、雨ガッパ、長靴などなどを発見するのみとなりました。何が何でも探し出さねばとスッポンとヒロミツ氏(涙)が奮闘します。またまたヒントのキャラである婦長が絡んで引き取り手がなく、ひとつポツンと置かれているじゅん嬢が入っている棺桶の釘に違和感を感じ、バチ当たりにもこじあけて遺体を外に出し(なっ!な~んたる!)底に隠してあった犯行に使われた一式を発見したのでありました。発見するなり二人とも大声で泣き笑いし、またまたお経をあげ出す場面は、「よかったなー」と思う前に、トンデモ劇だぞ、こりゃって感じでした。しかも証拠品、素手で触っているし・・・。署に持ち帰っても捜査課全員、素手だし。 指紋もただ目で見ただけで牧コーチのと一致しました!て、うーむ。こーゆー鑑賞の仕方はいかんのでしょーな、でもやめられない。
これで簡単に観念しちゃった牧コーチは自白、その直後に署長ウツイが「飲んでくれ」と爽やかな笑顔で一升瓶を置いていくのですが、いつお買い求めになられたんでしょうか?それともどっかからワイロとしての頂き物だったのでしょーか?

ラストは事件が解決して泥のように眠る日の出署の刑事たちの姿。面々の世話をしてから一杯飲んだ瞬間、眠りに落ちたスッポンの鈴木、ちょっとザーとらしかったぞ。


相馬課長 今回のおコトバ
「俺の仕事は法律を守ることじゃねぇ、法律を破った奴を捕まえることだ。」

d0057868_20581.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2007-10-31 01:52

謝罪

d0057868_17163499.jpg




とりあえず、10月ももーすぐ終わってしまうってコトで・・・。
とりあえず、のっぴきならない、よんどころないヤボな事情で更新できずにスンマセン。
とりあえず、これからも一歩一歩頑張っていきますので、ヨロシクお願いいたします。

久々の居酒屋で開口一番、「とりあえずビール」とのたまったオットに「ヤツ」はあーたより年下、昭和40年生まれと教えた時の落胆振りに大爆笑いたしました。

画像はちょっと加茂さんに見えない加茂さん。
[PR]
by ironman0823 | 2007-10-25 17:27

ら・せぞん

d0057868_8461587.jpg



改めていい笑顔だな~と惚れ惚れいたします。
またまた10月がやってまいりました。殆どのユニオン石立ドラマシリーズが新番組として開始された月。山口いづみ嬢のデビュー曲は「緑の季節」でしたが、ワタクシには正に「雑居の季節」の到来でございます。

CSでの放送は終了してしまい、今度はまたまた「水もれ甲介」が始まりますね。それでもやっぱりこの季節は「雑居の季節」なんだなあ。5月の山口いづみ嬢のライヴの後、彼女が「いつか同窓会みたいなことができたらいいですね」とおっしゃっていたことがまだ心のどこかに「可能性」としてぶら下がっているんですが、現実が嘆息とともに落胆へと導いてくれちゃってます。ひとつの区切りがついた感じです。

んで、甲介が始まるワケですが、何故か今月末にDVDが7枚組BOXで再発売されます。前回のよーに特典インタビューなんかはないよーですが、全25話7枚一気にリリース、かなり廉価で販売されます。意図がよく判らんのですが、需要があるから再リリースされるんだろーといい方に考えようっと。できれば大映関係のリリースを待っているワタクシですが(特に「事件狩り」)。

本放送では大河のウラで殆ど観られず、設定も興味なかった「甲にーちゃん」ですが、人生半分きちゃった身としては、ビシビシ迫ってくるドラマなんできっとまた観ちゃうんだろーな。

ダラダラ、シラ~ッと更新滞っていたことをスルーして書いてまいりましたが、また気が向いた時に書きますんで、気が向いた時にフラ~ッとお立ち寄りくださいませ。

d0057868_9105224.jpg

現在じゃ絶対できないだろーな、こんなこと。そんなのが沢山観られるから、鉄男さまのドラマはやめられない、とまらない。
[PR]
by ironman0823 | 2007-10-05 09:13