「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

若者の旗

d0057868_1104226.jpgd0057868_111762.jpgd0057868_1112092.jpg








しつこい程「若者たち」ばっかりやっておりますが、今回が最終章「若者の旗」(’70)でございます。 はじめは浪人生だった末っ子(松山省二さん)が、営業サラリーマンになり制作年と同じく2年以上の月日が経っているお話です。

上手くいくと思っていたオリエと戸坂ですが、結局彼は、同じ広島出身である女性を選びます。 「俺の恋人」と紹介された時のオリエがあまりにも可哀想。 でも原爆経験者でないオリエにずっと引け目を感じていて、手さえも握ったことがないと大兄ィ、(田中邦衛氏)、サブちゃん(山本圭氏)の前で訴える戸坂さんも、これまた可哀想でした。 大兄ィは「広島よりも東京の空襲で死んだり、かたわになった人間の方が多いんだ」「お前はフヌケか!」と怒鳴りますが、サブちゃんは「やっぱり東京と広島じゃ違うんだ」「いくら健康でもそれを信じられないのが原爆をくらった人たちの苦しみだろう」「フヌケだというなら、何がそうさせたっていうんだ」とやや観念めいたやりとりになっていきます。 最後の最後まで、「あなたは駄目な人間じゃない」と庇うオリエが、いじらしく、又とても強い女性だなと感じました。 

1970年の制作ということで、鉄男さま、髪型が既に「高木哲也」になっております。 なんか顔つきまで違うんだよなー。 文学座を退団する直前か直後なのか台詞の言い方、雰囲気まで違います。 よくよく見ると3部作、全部感じが違うかな?


d0057868_11292247.jpgd0057868_11294795.jpgd0057868_1130560.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-28 11:40

続若者たち

d0057868_17295234.jpg
d0057868_17301092.jpg


 第2作目「若者は行く 続若者たち」(’69)でございます。
臆病ゆえに去って行った戸坂が、また東京に出てきているという話を友人から聞いていたオリエは、中野誠也氏演じる武からプロポーズされ戸惑います。
一緒にとんかつを食べに行く途中、原水爆反対デモ行進の団体に出くわし、そこで彼女が見たのは・・・。

鉄男さまの出演場面は、このシーンのみで台詞はありません。
オリエがデモ行進の中を走り、戸坂の元へ向かうシーンは、台詞は一切なくBGMだけでも胸を打たれます。

特筆すべきことは、学生服姿の原田芳雄さまが拝めることでしょうか。 「事件記者」の永井智雄氏、言わずと知れた名古屋章氏まで出演され、ナレーターには仲代達矢氏という豪華さであります。

第1作を作ったものの、どの映画会社も買ってくれず自主上映したところ300万人もの動員数をあげ、この第2作、そして第3作制作へとつながっていったのでした。
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-24 18:10

若者はまた歩き始める

d0057868_10505491.jpgd0057868_10531791.jpgd0057868_10533043.jpg








はい、またまた「若者たち」でございます。 俳優座制作ということもあって、俳優座養成所出身者が多く出演されております。 メインの佐藤5兄弟も松山省二さん(お兄さんの故・英太郎さんが出身者)以外すべてあてはまります。 13期生の石立さん扮する戸坂に恋をする長女役の佐藤オリエさんは、同期。この時期よく共演されていました。 

被爆者で足が不自由な戸坂との結婚に大反対の、田中邦衛さん扮する長男は「お前、一つ目小僧を産んでもいいのか」という暴言を吐きます。3男役の山本圭さんが「まだ、そんなことを信じているのか」と小競り合いになるのですが、現代でも単語を置き換えれば、まだまだ差別というものはあり、これからもあり続けるだろうと思うのです。 

オリエが、姿を消した戸坂を探しまくり、ようやく見つけた時の笑顔。 それに対する鉄男さまの、戸惑いの表情から笑顔になるシーンにはBGMと共に感動いたします。(中央の写真) これで上手くいくと思ったんだけどなー。

若き日の繊細な石立さんも、とっても綺麗な栗原小巻嬢、若いけど老けていた江守徹氏も、みーんな突き刺さるような眼で、こちらに迫ってきます。 次男の橋本功さんが、すっごくよかった。 荒削りでいて実は小心者で、「気になる嫁さん」での竹山さん役に通じる、男の優しさってーものを感じました。

鉄男さまは、とにかくスリムで本当に素敵です。 この第1作が個人的には一番好きかなあ。 今でも自主上映しているんでしょうか?
もう、20年くらい前、リヴァイヴァルロードショーされ、「イージーライダー」を観に行った際、偶然予告編を見たのですが、クレジットと共に鉄男さまがアップになった時、「えー!」という声と共に爆笑の渦になったのを思い出しました。
ふーんだ! なんで笑うのさ・・・・ま、あまりにも違いすぎるのは認めるけど・・・
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-23 11:37

空にまた陽が昇るとき

d0057868_103714.jpg
d0057868_1035621.jpg
d0057868_1075281.jpg





1967年に映画化された「若者たち」 元はテレビドラマですが、俳優座他が制作して「三部作」として作られました。 殆ど俳優座、文学座の俳優総出演で、今や名だたる役者たちが沢山出てきます。

とにかく熱い。 現代の「若者たち」には失われたハングリーさ、地道さ、勤勉さ、向上心などが、労働闘争、学生運動、原爆、差別、恋愛などを通してこれでもかという程、こちらに迫ってくる映画です。何しろ、時代背景が違うので、とっても古臭いし、貧乏の度合いが感覚的に理解できないので受け入れられない人は、全く受け入れられないと思うのですが、私はこの時代を羨ましいと思いました。
やたらにどなりあい、取っ組み合い、しまいにはちゃぶ台をひっくり返すという星一徹なんてまだまだ甘い、熱すぎる本音のやり取りが凄まじいのです。

鉄男さまは、原爆孤児で足の不自由な「戸坂」役をやられております。
3本全てに出ていますが、当時の鉄男さまお得意の「ナイーブ」な屈折した青年を研ぎ澄まされた痛いほどシャープな感じで演じています。

説教臭いといわれればそれまでですが、「三部作」の前フリとして出掛ける前に書いてみました。 自分でも、何故これほどまでに感動しちゃったのか判らないのですが、なかなか本音で言い合えない自分を透かして見ていたのかもしれません。

主題歌は最初は、タイトルの「空にまた・・・・」で、後に「若者たち」に変わったそうです。小学校の時、歌わされたなあ。
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-21 10:31

中飛車の鉄

d0057868_10532550.jpg


石立さんが将棋好きということは、ファンの間では有名ですが、最近の彼を見たいなら将棋雑誌を見たほうが遭遇する確立は高いかもしれません。 芸能界でも将棋の強い人は沢山いますが、赤井英和が「石立さんはメチャメチャ強い」と言っていたっけ。 将棋のことはチンプンカンプンで「飛車角ってなーに?」というお話にならない状態の私ですが、アマ三段らしいです。

「パパと呼ばないで」でも、よくお米屋のおじちゃんと将棋をさしているシーンがありましたが、本格的にやりだしたのは40歳を過ぎた頃からだそうです。 中学生に教えてもらったっていうから、何ともおかしい微笑ましい話であります。 テレビの将棋番組にも時々出没したりします。(本当にこの方は神出鬼没とゆーか、つかみどころがないな) 見てみようかな?とまでは思う。でも、そんな暇は悲しいかな、あんまりないんだよね。
図書館で、将棋雑誌をチェックすることもあんまり出来ないんですが、たまたまネットで遭遇したのがこのお写真でした。
「将棋祭り」の打ち上げの時の様子で、内藤「おゆき」國雄御大のお顔も見えます。 やや養老会っぽい雰囲気の写真ですが、みなさんよい笑顔ですねってことで、手抜き気味の支離滅裂乱文を終わらせたいと思います。

今度は、もっと真面目に書こうと思います。(言い訳)
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-19 11:22

無条件に愛おしい

d0057868_8415339.jpg
d0057868_8421183.jpg









我が家には、思春期の子どもが二人いる。 しかも男二人。 日々、家の中がむさ苦しくなって、以前は頻繁にやっていた部屋の模様替えもバカらしくなって、ここ数年やっていない。 ただ単に面倒くさくなっただけという声もあるが。
年齢的に、子どもの体力と親の体力が反比例しているので、幼稚園時代までは、なんとか外遊びだ、プールだ、映画だ、遊園地だと子どものペースで過ごしてこれて、もう自分の全てが我が子に支配されているってほわ~んとした気持ちでいたのが、だんだんと、「あー!夜遊びがしたい」と思ったり、子どもがいなけりゃ○○へ行けるのに・・・などと考えている子育て倦怠期の真っ最中なわけであります。

でも、ふとしたことで「ウい奴め」と思う瞬間があるし、いなきゃいないで寂しいだろうと思うが、「無条件に愛おしい」という感情は私は持ったことがない。

・・・で、やっと本題ですが、一昨年の「うちくる?」に、杉田かおる嬢が出ていて、ゆかりのゲストということで鉄男さまがビデオ出演なさいました。 その時、彼女について聞かれた時の答えが、この「無条件に愛おしい」だったのであります。 また、彼女へのメッセージをという際のコメントが、「どんなことがあっても味方でございます。」 もう、これだけで役柄を超えて、この二人は絆が強いんだなあとやけに感動してしまったのです。 頻繁に会っていなくても理解しあっているんだなと。
かおる嬢が結婚した時も、武田(あんたが大将)鉄矢の長ったらしい説教めいた祝辞よりも、鉄男さまの「ありがとう、ごめんなさいの言える家庭になれればいい」という言葉に、完全なる欲目ではありますが、役者が一枚上手だと思ったりなんかしちゃったりして。(広川太一郎)

「彼女をよろしくお願いいたします。皆さんが思っている様な子ではございません。」 幼い頃のイメージしかないと言っていましたが、彼女の波乱万丈を知った上での上記のコメント、眼がとっても優しいのは昔っからですが、この時は特にそれを感じたのであります。 

今回は、恥ずかしい位にミーハー丸出し、エコひいきで突っ走りました。
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-17 18:06

気ま天サントラ

d0057868_10465648.jpg

「気まぐれ天使」、CSでやっておりますが、渚ちゃんが出てくるのは4話からなので、まだ導入部って感じです。彼女のヘタウマ歌が妙にマッチしていて、独特な世界を作ってくれております。 ファッションも好きだったな。

石立ユニオンドラマで、唯一、サウンドトラックが発売されたのが「気まぐれ天使」です。 大野雄二先生、小坂(牧師)忠さまの隠れた名盤として、現在でもCDが入手可能なようです。 ジャケットが好きです。 撮影現場のカットが16枚。あー、こうして撮影されていたのねーって嬉しくさせてくれます。

このサントラに収録されていない劇伴も一杯ありますが、既に「ルパン三世」を彷彿とさせるサウンドとなっていて、「気ま天」を知らなくても軽く聴けるアルバムです。 欲を言えば、もう少し忠さんに歌っていただきたかったです。 主題歌のシングルも出ていますが、微妙にヴァージョンが違います。今でもオークションで見かけますが、レコードプレーヤーを持っている人って現在、どのくらいなんでしょうね。
コーラスが「赤坂合唱団」なんてなっておりますが、これはもうシンガーズ・スリーでしょうね。(♪レディ~・ボーデン)

このフュージョン系の「気まぐれ天使」も好きですが、やっぱり「雑居時代」のサントラが出て欲しいなあ。 山口いづみ嬢の主題歌も発売日まで決定していたのに、何故か発売中止になってしまったし、あのヨーロピアン・ポップス調の劇伴は、シリーズ屈指の出色のナンバーばかりと思っている方は多い筈。
うー、頭の中は「さよなら、先生!」のラストが渦巻いております。

撮影当時、鉄男さまは完全別居に突入されて、少々お疲れ気味の顔が画面からも判るんですが、お話は第13話を境に、どんどん不思議ワールドに入っていきます。 ニンちゃん、好きだー!(み~んな好きなんだけどね)
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-15 11:25

フレッシュな個性で飛んでます

d0057868_1413733.jpg


「石立鉄男」という役者に興味をもって、色々情報や資料を集めておりますが、未だに見ていない作品が沢山あります。 特に見たいのが映画初出演となる福田純監督の「血とダイヤモンド」(’64)、布施明と共演した「S.Hは恋のイニシャル」('69TBS)、そして今回取り上げる「光る海」(’65TBS)でございます。

言わずと知れた、石坂洋次郎原作で日活の吉永小百合、浜田光夫共演、CXの中野良子、沖雅也共演のものは見ているのですが、鰐淵晴子、石立鉄男共演のそれは資料も少なく、忘れられた存在のような位置付けでございます。  ただ、このドラマでお茶の間に名前を知られ、文学座の公演に鉄男ファンが多く出向いたというのを何かで読んだことがあります。 楽屋にまで押しかけたツワモノもいたとか。 主人公の心をかき乱す野坂孝雄を、鉄男さまがどう演じたのかぜひ、この目で見たいのですが、TBSチャンネルにわずかばかりの期待をするだけです。

しっかし、腕の力があるんですねー。 すごく飛んでおります。 たかだかガードレールをまたぐだけで、こんなに飛び上がる必要があるのかと思うくらい。 それ故に「フレッシュな魅力」でなく「フレッシュな個性」とされたんでしょうか? よくよく考えてみると「フレッシュな個性」とはなんぞや?
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-13 14:26

弟(石原軍団じゃありません)


d0057868_522514.jpg
d0057868_5223947.gif










今、CSで見ているドラマの1つに「高校教師」(’74)があります。 以前にも書きましたが、鉄男さまとデュエットしている山内えみこ嬢(当時)、四方晴美嬢(チャコちゃん)、須藤リカ嬢(現すどうかずみ)等が生徒、ヅラ加山雄三氏が教師という放送当時としては主体であった同じ東宝制作の学園ドラマモノとは違う、なかなかショッキングな内容のものです。 水谷豊氏が出ていた「泣くな青春」も、関根恵子嬢が出てたりしたから暗いイメージがあったなあ。(どーして?)

あ、脱線!

今週の「高校教師」を見ていたら、竹下景子嬢が生徒役でゲスト出演しておりました。 ミニスカートの制服が初々しかったけれど既に女子大生だった筈。 昔のドラマは、実年齢一切無視のキャスティングが目に付きます。 近藤正臣氏とか・・・
んで、前置きが長すぎましたが、この回に一緒にゲストで、景子嬢の恋人役で出ていたのが石立和男氏。 石立家の末っ子であります。
鉄男さまは4男。 男ばかりの5人兄弟・・・って何かプロットが見えてきませんか?
女ばかりの姉妹の設定の2作品では、ひとりっこを演じていた鉄男さま。 自らおっしゃっていた通り、企画から参加していたものと思われます。 
男ばかり5人だなんて、我が家は男2人だけでもヒーヒー言っているのに、お母様はさぞ大変だったと容易に想像できます。

和男氏は、太陽にほえろ、ミラーマン等にもゲスト出演し、若大将(草刈版)映画にも出演されていましたが、’76,7年ごろ引退されたようです。 兄弟共演は1本もありません。 石立家の家訓、「寄生虫のようには生きるな」「言い訳はするな」を守ったのでしょうか? お二人、顔はあまり似ていないかな? 意識してよーく見ると、なんとなーくちょっとした表情が似ているかな?(どっちだ) でも、頭頂部が若い頃から薄いのはそっくりでした。

まだ尾をひいているのか、今日は内容がないよー!(古典ギャグ)

d0057868_12301191.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2005-06-12 06:16

いまだ立ち直れず・・・

d0057868_22523365.jpg
d0057868_2234289.jpg

d0057868_22362155.jpg

d0057868_2238646.jpg
d0057868_22422296.jpg


祝!日本代表ワールドカップドイツ大会出場・・あーむなしい。
誰が開会式から録画するなんてほざいたんだ! 
誰がそれを許したんだ!(わしじゃ) 

岡崎友紀嬢がCXのなつメロ番組に出ることは知っておりました。彼女がこの類の番組に出るなんて珍しいな、とも思っておりました。でも!18歳シリーズの主題歌を歌うなんて信じられなかったぞ。 過去の作品には否定的だったじゃん。みんな忘れてって言っていたじゃん。
なのに!!!!!

哲也が出てくるなんてーーーーーーーー!!  二人とも、この系統の番組って嫌いだったじゃないのぉぉぉ。

まだ、ぶっ壊れております。  高木哲也で、「石立鉄男」という役者を知りました。
「てつおって人がてつやをやってるのね」「飛ぶ鳥って書いてあすかって読むんだ」「こんな子供番組でガバッって抱き合っていいんだろーか?」 小学生になりたての少女にこんな事を思わせた、毎週火曜7時のお楽しみでした。

そーいや、高木ご夫妻は結婚35周年でありました。 35年後の「哲也と飛鳥」をこの目で見られなかった事に、すごーい脱力感を感じました。

でも、あまり11さんが詳細をブログでお知らせくださいました。 感謝、感謝、感謝
少し元気が出てきました。 

ハタからみると、滑稽だろうなあ。 私って石立さんのバラエティ番組って殆ど見逃しているので、またか・・・って感じでもある。  お見苦しくって申し訳ない!
[PR]
by ironman0823 | 2005-06-09 23:12