「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鉄男に何が起ったか

d0057868_10345739.jpgd0057868_10351521.jpg






1986年11月に亡くなった増村保造監督ですが、この年から鉄男さまに変化が現れます。 大映ドラマと増村監督との関りは同年6月に終了した井森美幸嬢主演の「遊びじゃないのよ、この恋は」で終焉を迎えます。 勿論、鉄ちゃんも宇津井氏も出演しております。 これまた「スチュワーデス物語」の片平なぎさ嬢のような役まわりの高樹澪嬢が出てきて、毎回お約束のように背中の刺青を見せるシーンが売り物って感じで、主役と脇の演技力の落差が痛いお粗末なものでした。
そして'86年10月、無謀ともいえるNHK大河のウラにぶつけて、ものの見事に玉砕した「おんな風林火山」(鈴木保奈美嬢の初主演作ですが、本人はなかったことにしたいらしい)の武田信玄役以降、大映ドラマ制作の連続モノには出演しておりません。

ここで、すっげーこじつけですが、増村監督と鉄ちゃんの強い絆が見えてまいります。監督がいたからこそ、どんな役でも出演してきた鉄男さまですが、ここで何か考えることがあったのでしょうか? これ以降、大映のみならず連続ドラマへの出演がなくなっていきます。 そして’89年「湘南物語」の途中降板。 このあたりの鉄ちゃんの演技は以前のエネルギーが、私には感じられないんです。そつなくこなしているだけって感じ。実際、本人も役者をやめようと考えていたようで。 ドラマ制作のやり方が変わったのかもしれません。以前のように納得いくまで議論し、撮り直す予算も時間もない。フィルム作品がどんどん少なくなっていくのもこの時期ですね。

単発モノやゲスト出演が多くなり、いつの間にか犯人役が定着してしまいましたが、'91年からの「遠山の金さん」レギュラーは、時代劇ってことでとても新鮮でございました。 

ま、増村監督が亡くなってから鉄男さまの役者稼業に大きな変化が起きたって乱暴な、勝手な推測でございました。 勿論、単発モノには大映ドラマ制作のものが圧倒的に多いのは、切っても切れないご縁なのでしょーが。 こじつけついでに監督の映画での遺作は’82年の「この子の七つのお祝いに」で、脚本は共同執筆とゆーことで松木ひろし先生、音楽は大野雄二先生でございます。 これも何かの因縁・・・いえいえご縁なんでしょう。 ・・・・・無理があるなあ。


d0057868_1175290.jpgd0057868_118714.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-30 11:14

増村保造と大映ドラマ

d0057868_10542849.jpgd0057868_10544999.jpgd0057868_1055512.jpg








名台詞「うす汚ねぇシンデレラ」、キワモノ、爆笑モノとして認知されている「少女に何が起ったか」ですが、キャストがエラく豪華です。常連の宇津井氏、長門氏、鉄男さまはもとより、先日亡くなった松村達雄氏、岸田今日子氏、清水まゆみ氏、江角英明氏など日本映画全盛のころのスターがかなり出ておられます。 これは大巨匠、増村保造監督の人望にほかならないと勝手に推測しております。

増村監督というと若尾文子嬢とのコンビが有名(「赤い天使」なんてのもありました。後の「赤いシリーズ」ってこれから取ったのかな?いや、こじつけですが)で、ネオリアリズム爆発って感じで、全作品を観たわけじゃありませんが観た作品はどれも「どひゃー!」「うへー!」って擬音で表現するしかない独特な世界を堪能できるものばかり。「盲獣」は凄かったー。  映画が斜陽になってからはテレビ界にいらっしゃり、あの独特なテンションの大映ドラマを築き上げた大功労者となります。

鉄男さまとは、多分'74年の「事件狩り」からだと思いますが、多数の大映ドラマ作品でご一緒されております。鉄男さま曰く「最も尊敬している監督」であるから、あのハイテンション、ありえない構成のドラマに出続けたのではと考えます。他の出演者の方々も「増村監督が関っているから・・・」って感じでは? そうじゃなかったら、いくら役者といえどもアレは納得いかんでしょ?アホらしく、自分が情けなくなるんじゃないかい? 鉄ちゃん、どんな気持ちで「シンデレラ」の絵本持っていたのかなー?と、こちらが同情しちゃったりします。 実際、岸田ムーミン今日子さまなんて、増村監督だから出演を承諾したのに(1話のみ)、段々バカらしくなって途中出てこなくなっちゃったしね。正に「途中だけ降板」。 
「赤いシリーズ」では、あんまり感じなかったトホホ感ですが、「スチュワーデス物語」あたりから、どんどんエスカレートしていきましたね。特にSE(効果音)が。宇津井氏も、後年「少女に・・・」について、あれは最後まで訳がわからんかったと述べておられますが、疑念を抱きつつも見事に演じ切った鉄男さま、宇津井さまはじめ出演者の方々には感服すると共に感謝さえしちゃいます。

大巨匠、増村保造監督は、1986年11月23日、62歳の若さで亡くなられました。
お通夜の会場に1番に駆けつけた鉄男さまでありました。

つづきます・・・
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-29 12:09

神楽坂へ

d0057868_15855.jpgd0057868_1584083.jpgd0057868_15115443.jpg









先日、鉄オタの息子に付き合って東京メトロ一日乗車券を買って東京の地下鉄をイヤというほど乗って参りました。 そろそろ帰ろうか・・・と思った時、ふと頭に神楽坂に行ってみようとの思いがよぎり、別の鉄オタであるワタクシは有無を言わさず有楽町線につんのめって下車すべき駅をすっ飛ばして向かいました。

石立ユニオン映画ドラマシリーズ最終作の「気まぐれ本格派」のメインロケ地である神楽坂から飯田橋をゆっくり下って行ったのですが、「赤城神社」はテレビで見るよりこじんまりしていますが、当時のままです。併設の幼稚園は綺麗になっていましたが。 楓ちゃんが占いをやっていた茶房「五十鈴」は、当時のまま。感慨ひとしおです。 でもねー、やたらケバケバしいお店が多くなっていて老舗の店と不協和音を奏でているって感じでした。  お茶の楽山、甘味の紀の善を確認して、肝心の「清水貸衣裳店」は・・・・相変わらずモスバーガーでした。右隣のお蕎麦屋さんは営業していましたが、左隣は不動産のリバブル。 判っていたことだけどやっぱり悲しいざんす。 息子の冷たい視線を無視してモスバーガーの前に立ち尽くし、うろちょろ鉄男さまが歩いたであろう歩道を踏みしめて参りました。(本当にバカ)

飯田橋は学生時代、よく名画座へ通いました。ギンレイホールは健在ですが、佳作座はなくなってしまいました。 よく足を運んだ街が変わってしまうことは、ただのノスタルジーにすぎないのですが、置いてきぼりにされた気さえしてしまいます。
いやん、おセンチになってるじゃん。


d0057868_1592683.jpgd0057868_159428.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-24 15:41

晩夏

d0057868_9275343.jpgd0057868_930439.jpg









先日、「夏の香り」について書いた時、たまたま「レモンのような女」を検索してみたら、ブロードバンドで見られることが分かってびーっくり! こんな古いドラマをなぜ現在??? 嬉しいことに変わりはないけど驚きの方がでかかったです。
その上、9月には全6話のDVD BOXまで発売されちゃう。 偶然とはいえ、またまたタイムリーなアップをしちゃったのね、わたしったら。 38年前のドラマなのになあ。 2話ずつのバラ売りもあるようです。

桜田淳子嬢と共演の「玉ねぎむいたら」も発売されるし、まだまだ鉄男さま関連のDVDがリリースされるのは嬉しいですが、財布は嬉しくない。買えないなー。
来週には、Mr.Booも発売されるし(まだ考慮中)悩み多き晩夏であります。

d0057868_942251.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2005-08-19 09:42

夏の香り

d0057868_251862.jpgd0057868_2512517.jpgd0057868_2514382.jpg







気がつくと、8月も中盤を過ぎ、夜の風がなにかしら涼しげに感じられてきましたが、まだまだ日中はうだるような暑さで真夏を思い知らせてくれます。
ここんところ、自虐的に鉄男変化をアップしたりしていたので今回は、とびっきりキュートな鉄男さまです。 ’67年の「レモンのような女」~夏の香り~ これって円谷プロがらみの作品なんだよねー。 脚本 佐々木守、監督 実相寺昭雄・・・とくると「怪奇大作戦」の~京都買います を思い出しちゃうマニアックなワタクシですが、この作品には怪獣も特撮も出てきません。 あしからず。
 脱線しますが、鉄男さまはこの「怪奇大作戦」のレギュラー候補だったそうです。勝呂誉さんの役だったのかもね。岸田森さまとの共演が見られなかったのは、いささか残念ではあります。

「夏の香り」は、毎回、岸恵子パリのおばさまが違う人物を演じた上記のドラマの第5話になります。 鉄男さまは、パリのおばさま演じる30歳の風子の年下の恋人、22歳の「ボク」をチャーミングに、キュートに演じられております。 
「風子、ボクのこと・・・好き?」なんて台詞にテレビにむかって、好き好き!大好きー!ってトホホな受け答えをしちゃったりする位、確信犯的な可愛さ爆発演技を見せてくれます。
モノクロ作品ですが、風景などとても綺麗で、カメラワークも凝っています。夏の香りを十分満喫して、秋の気配を感じ取る今の季節にぴったりのお話でした。

約10年後、ぜ~んぜん変わらない岸パリのおばさま恵子さんと鉄男さまは、大映テレビ「赤い激突」で婚約していたが、前田吟氏演じる兄に奪われ別れてしまった元恋人同士として共演されております。パリのおばさまの若さっていったらバケモノ級です。鉄ちゃんは既にモジャだったので、あちゃー!って感じ(でも、すっごく素敵でした☆)だったので、現在じゃお笑い種どころか悪い冗談になってしまいますな。 あ!また自虐的なことを書いてしまった。

とにかく、鉄男さま、本当に可愛いです。

追記 現在、ブロードバンドでこの「夏の香り」が7日間315円で観られるようです。キュートな鉄男さまを是非堪能してください。
こちら


d0057868_252718.jpgd0057868_2522158.jpgd0057868_257455.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-17 04:02

テレビパトロール

d0057868_11471054.jpg


大騒ぎだった祭りも終り、お盆に突入。 東京は人が少なくなりますが、帰省する田舎がない我が家は日々日常生活の繰り返し。あ、来週は深川の大祭か。花火大会もあったっけ。 盆帰りで東京の人口が少なくなるって言っている割には、これでもかって位に、わんさかと人がやってくる。祭りの後は寂寥感が残るのが分かっているのに、始まる前の胸の高鳴りは止められないし、過中は楽しくって仕方が無い。

お見合いだって、相手がどんな人間なのか会うまでドキドキしちゃう一種のお祭りのような気がします。 一度やってみたかったわん。
今回は、'69年8月から日本テレビ系で放映された「見合い恋愛」でございます。見合いの世話好きの主人公を藤間紫師匠(ガッツ・ジュンのご母堂・・・って解説の方がマイナーだな)で、息子、健太郎を鉄男さまが演じております。共演は、山本陽子嬢、由美かおる嬢、梶芽衣子嬢、宮本信子嬢、山口崇さま(ワタクシにとってこの方は永遠に源内さんです)、児玉清さまなどなど。 詳しくはneco webを参照してくださいませ。 ワタクシ、またしても見たことがございませんので。 山本陽子嬢とは、「光る海」でも恋人役で共演しておりますね。 雑誌のドラマ紹介のページですが、上の亜土ちゃんのイラストが時代を感じさせます。 脱線しますが、同じ頃、ピンキーとキラーズの主演ドラマ「青空にとびだせ!」という番組が大好きでした。 これに亜土ちゃんが出ておりました。時々、トノヴァンこと加藤和彦氏も出ていた記憶があるのですが、ご存知の方いませんか?

鉄男さまのテレビドラマってーと、日テレ、TBSとゆー印象が強いですが'60年代は意外にもNHKの作品が多いんですね。ビデオテープが高価だった為、殆ど上書きされて現存してないない情けなさです。「天下御免」だってNHK自体には1本も残っていないんですから。 サラサラ時代の鉄男さまのドラマを見たくても見られないジレンマを抱えている盆の入り。
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-10 12:18

残暑お見舞い その2

d0057868_1544865.jpgd0057868_1552327.jpgd0057868_1555117.jpg







少しは涼しくなったでしょうか?



殆ど納涼きもだめし大会になってしまいました。


d0057868_156884.jpgd0057868_1565734.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-09 02:02

残暑お見舞い申し上げます

d0057868_1810855.jpg


手抜きですいません
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-08 18:11

半被と大団扇

d0057868_13564096.jpgd0057868_13565957.jpgd0057868_1357999.jpgd0057868_13572422.jpg






お盆が近くなり、夏祭りの季節になりました。 我が家の近くでも3年に一度の住吉さんの例大祭がこの週末に始まるので、道路のあちらこちらに休憩所ややぐらが建てられて活気がついております。 そーいえば右京さんは、お祭りの夜に園ちゃんにプロポーズしたんだっけ。(どちらかと言えば逆?) そんな事を思いながら神輿を担ぐ予定のうちの殿方3名の世話が疲れるな~とボヤくワタクシです。

祭りといえば半被がつきもの。半被といえばわ~かめ好き好きとヤケクソこじつけでございます。 おまけとして「いかやきそば」もつけときます。
初めてこのCMを見た時は、何をやってるんだあ!と思ったものです。どんどん自分から昔のイメージを崩していっているんじゃないかと勘ぐったり。こんな後々まで、鉄男さまの代名詞となってしまうCMになるなんてねー。
妙にテンション高い鉄男さま、嫌いじゃないけど「石立=ワカメ」って言われるのは正直言って嫌いでやんす。 ワカメ、うす汚ねぇシンデレラしか知らない人は、絶対人生損をしているぞー!!!  あまりの暑さでトチ狂っております。

でも、エースコックのわかめラーメンってロングセラーですね。
スーパーで安く売っていると、つい買ってしまいます。 美味しいもん。
そして、アレを歌いながら食べるのであります。   
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-05 14:33

暑中お見舞い申し上げます

d0057868_1625516.jpg


よけい暑くなった?
[PR]
by ironman0823 | 2005-08-03 16:25