<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

レクイエム

d0057868_12335758.jpgd0057868_123471.jpg






脚本家の佐々木守氏が亡くなりました。新聞の訃報記事の扱い方があまりにも小さくて少々驚いております。昭和のドラマ界に多大なる貢献をされた方なのに、左翼、天皇制批判思想の持ち主だから?などと疑いたくなる程でございます。

どうしても円谷ウルトラシリーズが代表作になってしまうんですね。ワタクシも怪奇大作戦の「京都2部作」やウルトラマンの「ジャミラ」に強い印象を持っていますが、'70年代初め頃に流行った「脱ドラマ」の先駆者としての氏の活躍ぶりがまず思い浮かびます。中山千夏嬢主演の「お荷物小荷物」は、劇中、役者が突然素に戻って世間話したり、カメラに向かって話し掛けたり非常に実験的な(当時はただ面白いとしか思わなかったけど)ドラマでした。映画でも大島渚監督作品が多く、フォークルの「帰って来たヨッパライ」でも共同執筆されております。(北山修教授、当時はサム・・・だ~い好きなんです) 「夏の妹」では、栗田ひろみ嬢と「アイアンキング」で主役をやった石橋正次さまが「シルバー仮面」(アイアンキングの前番組)の主題歌を歌うという、シュールな場面が見られました。佐々木氏自らのご指名で「飛び出せ!青春」を途中退場してまでもお子様特撮番組に出演した石橋正次さま。よっぽど気に入られていたんですね。ワタクシが正次さまを好きになったきっかけは、「打ち込め青春」というドラマでした。もう世を拗ねた眼がたまらなく好きになりました。「君たちは魚だ」なんてのもあったなあ。数多く佐々木守脚本ドラマに出演されている石橋さまです。

鉄男さまは・・・というと以前も取り上げた「レモンのような女 ~ 夏の香り」ですね。おっと忘れちゃいけない「おくさまは18歳」を先に上げるべきでした。「おくさま」での台詞にもチラチラと左翼思想っぽいものが見受けられます。とにかく主張すべきことはきちんと貫かれたんでしょうね。岡崎友紀嬢の18歳シリーズも数多く手がけていらっしゃるし、大映テレビドラマでも大いにペンを振るっておりました。

手がけた作品群を調べるだけで、どれだけ日本のドラマ界に多くのものを残したのかわかるし、それは驚嘆すべきものです。享年69歳という若さにも驚きました。もっとお歳を召していらっしゃるのかと思いましたから。まだまだこのヌルくなってしまった日本のドラマ界に問題提起をしていただきたかった惜しい方です。



d0057868_12345615.jpgd0057868_1235885.jpg






d0057868_12352134.jpg


 なんとこれにも関っていらっしゃいました。叶わないとはいえ、もう一度観たいぞ。
d0057868_13162870.jpgd0057868_13163952.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2006-02-28 13:19

人に歴史あり


人は誰でも老いるもの。人に歴史あり。人の顔にも歴史あり。

まずは、やっぱり鉄男さま。22歳だった「記念樹」の頃はまだ少年の面影が色濃く残っておりましたが、童顔は老けるのが早いのでしょうか?

d0057868_21453092.jpgd0057868_21454194.jpgd0057868_21455049.jpg







続いて Godfather of punk rock (爆!!)くるくるカーリーが美しかったロジャー・ダルトリーさま。 60歳過ぎてこの笑顔!あのシャウト!マイクぶん回してキャッチ損ねる回数は増えたかもしれないけど、未だにやっております。


d0057868_226325.jpgd0057868_2265025.jpg





d0057868_227487.jpg


お次は、ここんとこハマりまくっているクールな一匹狼ギタリスト(ホントはマルチ)クリス・スペディングさま。B・フェリー先生ソロコンサートでの彼は、ニコリともせずただ黙々とフライングVを弾きまくっておりました。でも、完全に主役を食っちゃって強烈な印象を残していったのであります。フィル・マンザネラもギター弾いていたんだけどなあ。ジョン・ウェットンもメル・コリンズもどーでもよくなっていたワタクシ14歳でございました。シドと一緒の写真もあります。時は流れて・・・クリスって笑うとこんな顔になっちゃうのね。 ロバート・ゴードンは原型を残してないなあ。

d0057868_22144669.jpgd0057868_221505.jpg
d0057868_2215115.jpg







d0057868_2219392.jpg
d0057868_2229697.jpg








どんじりは、イギリスのボブ・ディラン、現代の吟遊詩人、星の王子様のドノヴァンさま。ホントーに可愛かったのにぃ!(当時は知らんが)’97にクアトロで見た時には既に太り始めていたのよね。ヴェジタリアンじゃなかったっけ?できれば武道館でギター一本だけでやった'73年のコンサートに行きたかったわん。わたしの心はメローイエロー。頁先生のソロが聴ける「ハーディガーディーマン」が聴きたくなったぞ。

d0057868_221669.jpg

d0057868_22162680.jpg





d0057868_22164597.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2006-02-26 23:22 | 音楽

ニンニンニン

d0057868_5302421.jpg



ふと気が付いてみたら2月23日になっちゃった。
ニンちゃん、忘れちゃってメンゴメンゴ。
昭和22年2月22日生まれの加茂忍さま、はぴーばーすでい

・・・そーいや右京さんは1月生まれだったな。忘れちった。

今日はプリンスさまの(我が国の)お誕生日なんで、将来は祝日になる2月23日は、ピーター・フォンダさまのバースデイでもあります。好きだったの。

d0057868_5401238.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2006-02-23 05:42

他のヒトじゃダメなのだ

d0057868_13195569.jpg

伊豆でロケされた「気になる嫁さん」37回 ”結婚サギ師をだますには・・”
のシーンでございます。間違えられて逮捕されてしまった文彦を取り調べる刑事さんたち。画面左端が遠藤征慈氏、鉄男さまの隣の眼鏡さんが柴田昌宏氏です。

で、中心のお二人が、この方たちです。

d0057868_13251850.jpg西本裕行氏

d0057868_13254259.jpg  

        
  
              雨森雅司氏

スナフキンとバカボンのパパのコラボレーション。初めてご本人の姿を拝見しました。雨森さんは、'84年4月に53歳の若さで亡くなられております。バカボンのパパの声が変わってしまった時は、本当に悲しかったです。ルパン=山田康雄氏と同じ位、他の方の声は認められません。そーいや、雨森さんは、「ムーミン」ではヘムレンさんをアテていたっけ。西本さんは、スナフキンのイメージそのままのクールな印象で、夢を壊されませんでした。

現在は、声優という独立したジャンルで区別されていますが、当時は役者が芝居のひとつの仕事として吹替えをされていた方が多かったんですね。

由利徹さま、南利明さまたちがアテていた「幽霊城のドボチョン一家」とか、おヒョイさん、山本リンダ嬢の「アーチーでなくっちゃ」なんか、もう一回観たいなあ。
[PR]
by ironman0823 | 2006-02-21 13:48

In your mind


なかなかメダルが獲得できない日本にはがゆさを感じながら、連日オリンピックで寝不足気味でございます。今ひとつルールが解らない「カーリング」を見るたびにThe Whoファンであるワタクシはちょっとニヤついているのであります。


d0057868_13233446.jpgd0057868_13235974.jpg  








ここ何日かコメント欄にて、クリス・スペディングについて一人浮かれて書いていたんですが、突然彼について色々調べるのにヒートしちゃったんで、いつからロックのブログになったんだ・・・と思われるでしょうが書いちゃいます。

d0057868_13302489.jpg
d0057868_13305460.jpg
こんなにカッコいいんだぞ!

ギルバート・オサリヴァン、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、ロジャー・ダルトリー、ロキシー・ミュージックからベイ・シティ・ローラーズ、セックス・ピストルズなどなど、数え上げたらキリが無いほどあらゆるバンドのサポートをしてきました。
愛しのダルトリーさんと同い年の1944年生まれだから、御歳61歳!去年のライブエイトでも、ロキシーのサポートでチラッとお見かけしました。

       んで、現在のクリスとドノヴァン王子さま☆
d0057868_13403690.jpg
決してMr.マリックではありません

時って残酷だわ。でも、クリスはカッコいいから許す。鉄男さまも見ようによってはヨーロッパのおじさまっぽいから許す。
d0057868_14243067.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2006-02-20 13:44 | 音楽

あの人の言葉よ

d0057868_9482532.jpg


毎週火曜日、CSで「赤い魂」を楽しみに観ております。'80年4月から始まった「赤いシリーズ」最終作(厳密に言うと、百恵ちゃん引退記念ドラマ「赤い死線」だけど2話しかないので)で、当時の新人、浜田朱里嬢(同い年♪)と「沿線地図」でデビューした広岡瞬氏を新コンビとして売り出そうと思ったのに、これ1作で終了してしまった作品です。次回作から「青いシリーズ」にしようと思ったのか、「青い絶唱」というドラマになりますが、見事に撃沈してしまいました。

テーマは、血縁、腎臓移植、親子愛。重いですが、そこは大映ドラマ、説明調の台詞で視聴者にわかりやすく、噛み砕いてドラマが進行していきます。鉄男さまの宮内俊之は、腎臓移植手術で訴えられている医師、杉浦直樹氏と裁判で争う検事でありながら、弟である広岡氏と、杉浦氏の娘である朱里嬢との愛を暖かく見守る優しい兄でもあります。恩人の息子(峰岸徹さま)と結婚してしまった嘗ての恋人、柏木由紀子嬢との静かな恋愛模様もあり、今までの「赤いシリーズ」とは、ちょっと毛色が違っている印象があります。以前にも書きましたが、この役が妙に大人っぽくてワタクシは、地味な作品ですが大好きなのであります。

こんなシリアスな鉄男さまだったのに、前出の「青い絶唱」の後番組として始まった「玉ねぎむいたら」では、久々に松木ひろし先生と組まれてコメディ演技を見せてくれます。ビデオ作品だったので少々、違和感があったけれど山本紀彦氏との共演がとにかく嬉しかったんだな。ただ、ユニオン作品に比べて子役が気に入らなかったのが南天のど飴でございました。

この'80年から'81年は、「鉄道公安官」「赤い魂」「トミーとマツ」「竹とんぼ」「玉ねぎむいたら」「秘密のデカちゃん」とあっちこっちで鉄男さまを観る事ができたんですが、現在考えると信じられないペースでのご出演です。忙しかっただろうなあ。
[PR]
by ironman0823 | 2006-02-17 10:20

つらつらつら


d0057868_12404269.jpg
d0057868_12405869.jpg





冬季オリンピックが開催されました。ワタクシなんぞは、どーしても「札幌オリンピック」の印象が強く残っています。初めてオリンピックとゆーものに注目したのもこの時でした。今でもトワ・エ・モアの「虹と雪のバラード」を聴くと当時の自分が甦り、目頭が熱くなるんだな。(年寄りですね、こりゃ)私が通っていた小学校は、当時としては珍しく全教室にテレビがあり、休み時間や給食のときに見ていたんだけど、そーゆー時には面白い競技はあまりやっていなかったのでした。でも、何もかも現在と比べてシンプルではあったけれど、一体感があった気がするなあ。「気になる嫁さん」では、力丸が夏の「ミュンヘンオリンピック」をめざしていたけど、「オリンピックは終わったよ」なんて、この札幌をさす台詞がありました。力丸はモントリオールに行ってモーゼス、コマネチなんかに会えたのか?

先日書いた「Tommy」ですが、うつらうつらしながら観たんですが、カットがかなりありました。CMも多かったし。これぞ地上波の放送ダーって妙な感激をしちゃいました。アーニーおじさんの「Fiddle about」のカットは痛かったなあ。字幕はこの放映の為に差し替えられたようです。「Acid Queen」のジプシーは今じゃ自粛用語なんですね。別に法律で定められたわけじゃないのに、コトバ狩りは激しくなるばかり。関連した仕事をしていたワタクシは、「酋長」とゆーのもNGとされた時は目を丸くしたものです。”インディアンのマスター”にしろと言われた時は、解せなかったなあ。'70年代に放送されたドラマは自粛用語ばっかりですね。石立ドラマで一番多いのは、またもや「気になる嫁さん」でございます。”キチガイ” ”精神病院” なんてコトバが頻繁に出てまいりますが、変に意識しすぎじゃないの?って聞き慣れたこの耳には、一切の差別感情はないのであります。ベルモンドさんの「気狂いピエロ」はそのまんまですけどね。これを替えられちゃたまらんぜよ。「ノートルダムのせむし男」が「鐘つき男」になった時もトホホな気分になりました。
「Tommy」の冒頭、おことわりがテロップで出た時、どこがいけないんだろ?って観慣れちゃったせいなのか、不思議に思いました。と同時に「あー、やっぱり地上波だわん」と嬉しくなってる自分もいました。思い込みハゲしすぎ。

d0057868_12421995.jpgd0057868_12423956.jpg 








子供時代のトミーは丸顔なのに、いきなりお馬さんになりました

d0057868_12554680.jpg
   お~、キース☆


この映画を観る前に、CSでロリー・ギャラガーさんのライブを観ました。涙が出てきて仕方がなかった。もう亡くなって10年も経ってしまったのね。一番聴き込んでいて
来日コンサートにも行った'77年のライブだったんで感慨深かったです。「コーリングカード」が一番好きです。いっつもチェックのシャツ着て、15歳の時に買った塗装のはげたストラト弾いてるギター小僧がたまらなく好きでした。初来日の時(かな?)、登場するなり、すっころんだという伝説を作ったロリーですが、私が観た時は一番、充実していた時期でもあり、この人もレコードよりライブのほうが100万倍良さが出るって実感したのであります。ストーンズに誘われたのに、自分の柄じゃないって蹴ったのでも有名な人でした。”Edged in blue”が聴きたくなっちゃった。ロリーさんも暑苦しい長髪ですが、鉄男さまが髪を伸ばし始めたのは、アメリカ放浪の時だそうです。時期的にはヒッピーやフラワームーブメントの頃で、周りがみんな女みたいに伸ばしていたので、持ち前の反骨精神のウラッ返りで自分もやりだしたってことを聞いたことがあります。ハイミナールでラリっていた時期もあり、この時代の若者だったのねーとつくづく思いましたとさ。

d0057868_1244239.jpg
d0057868_12445780.jpg











無理やり鉄男さまを出してきて、思った事をつらつらつらと・・・(かなり無理がある)
[PR]
by ironman0823 | 2006-02-12 13:02 | 音楽

誰にもナイショ

d0057868_1224119.jpg


テレビ版とは別に'71年6月5日に公開された東宝映画の「おくさまは18才 新婚教室」 高木夫妻以外はテレビ版とはキャスト総とっかえで、寺尾聰氏演じる海沼先生を宍戸錠氏、富士真奈美さまの渋沢先生を塩沢ときさま、なくてはならない森川信さまの園長を藤村ドンガバチョ有弘氏がそれぞれ演じておりました。当時、大映は倒産寸前のすったもんだで映画どころではなかったんでしょうね。テレビ版の方も放送中で、鉄男さまは「おひかえあそばせ」「ワンパク番外地」などにも出演していて、ただでさえフィルム撮影は時間がかかるってのに、忙しかったんだろうなーと察してしまうワタクシでございます。この映画での飛鳥は、眠たそうな表情が多い気がするのも寝る暇もなかった殺人的スケジュールを物語っているようです。それにしてもこのポスターの岡崎友紀嬢のワンピースのセンスのなさはいかがなものか?加えてシンガーズスリーじゃないヴァイオレッツの「♪ふたりは新婚、ふたりは新婚」とかの耳に障るスキャットが、胡散臭さを増大させます。

映画版では二人の秘密をみんなにバラしてしまうのですが、「スライディング・ドア」のように2種類のお話を楽しめるのは、ちとおいしいとこです。

d0057868_122611.jpg







d0057868_12272683.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2006-02-10 12:30

僕は自由だ

d0057868_22484029.jpg


鉄男さまと同じくらいだ~い好きなロジャー・ダルトリーさん主演の「Tommy」が明日深夜(日付としては2/11)テレビ朝日で放映されます。関東のみのよーで恐縮ですが、3月に上演される同名ミュージカルのプロモーションのひとつなんでしょうね。

恐らく地上波での放送は初めてだと思います。日本での上映嘆願署名に参加した30年前のことを考えると夢のようです。・・・自分で書いてて驚いたわん、もうそんなに前のハナシだなんて。試写会では大盛況だったのに、いざロードショーとなったら閑古鳥。ロック映画は当たらないという認識を上塗り、実証してしまいました。それでも、名画座ではよく「ウッドストック」や「ロッキーホラーショー」なんかと一緒にかけられて、ぴあで探してはあちこち出かけて100万回(うそ)観たものです。ビデオがない時代。中学生のブンザイでよくやっていたなーと現在では殆ど無くなってしまった行動力に驚いております。自分で行動しなくては、何も得られなかった時代だったんだな。

ジャック・ニコルソンが歌っております。これだけでも観る価値があるってもんです。試写会では大笑いしたキース”ムーニー”ムーンのアーニーおじさんの場面は、亡くなった後観た時は涙が止まらなくて困りました。

あー、語ってしまったぜ。「あの時代」を知っている私は、テレビで「Tommy」を放送するなんて、本当に夢のような事件なのであります。
[PR]
by ironman0823 | 2006-02-09 23:22 | 音楽

再び公開

d0057868_221688.jpg


以前、公開終了するまでにもう1回観ようと思っていたら、終わっちゃっていたwebドラマ「Breakout!」が、ぶっ通しで観られるようになりました。劇場公開版で再編集してあるので、コマ切れで観るのとはまたちょっと違う趣きになっているので、お時間のある方はこの機会にどーぞ! できれば「1+1」も観たかったんだけどなあ・・・

この歩道橋を二人で下りていくシーンが、とーっても好きです。

こちらからどーぞ
[PR]
by ironman0823 | 2006-02-07 22:24