「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あなたと飲みますレモンティー

d0057868_20482499.jpgd0057868_20484869.jpgd0057868_20492126.jpg






今年のカンヌ映画祭では日本人女性監督、河瀬直美氏の「殯(もがり)の森」がグランプリを獲得して嬉しいニュースとなりましたが、最近CSで’66年のパルム・ドール受賞作「欲望」(原題Blow up)を久々に観ました。初めて観たのは30年近く前にテレビの深夜映画で。もう映画の内容なんてどーでもよく、ヤードバーズが出演しているという情報だけで眠い目をこすりながら観ていました。しっかしいつまでたっても出てこない。おまけに内容はスウィンギングロンドン時代のポップでありながら独特な気だるさが充満した興味ある背景なのに、意味がよく判らないときてどんどん眠気が増していったのでした。当時は二ヶ国語放送なんて存在しない日本語吹替え版だったので、ヤードバーズの場面も日本語だったらどーしよーとまで考えていたウブで素直なワタクシでございました。

すっかり大人の年齢になった今回の視聴でもやっぱりよく理解できませんでした。あの時代のポップカルチャー的なファッションや雰囲気は充分に感じられるのですが、サスペンスなのか不条理映画なのか、平凡な頭脳しか持ち合わせていないワタクシにはアントニオーニ監督の意図していることがサッパリでした。全て主人公の夢だったのか?でも何故かキライじゃないんです。ラストのパントマイムの人たちがラケットもボールも持たずにテニスをやっているシーンが頭から離れません。

で、今回もお目当てのヤードバーズの演奏シーン。たった3分足らずですがジェフ・ベックさん、ジミー・頁さんのツインギターにブロンド下手ウマヴォーカル(ん?も一人どっかにいたな)の故キース・レルフさん他、ジム、クリス(扱いに差別ありすぎ)さんで「レモンティー」ぢゃなかった「Stroll on」(Train kept a rollin’の歌詞を変えただけ)を聴かせて見せてくれます。頁さんはニコニコですが、ベックさんはアンプが不調なのか怒りまくってギターをぶっ壊します。当初ザ・フーがキャスティングされていたのですが断られたので、ヤードバーズにお鉢が回ってきたんだそーです。ってーコトはアレも演出だったのかな?ちなみに音楽はハービー・ハンコック氏が担当しています。カッコいいです。

d0057868_224279.jpg


これを観た後にこれまたCSのMusic AirでBeat club特集を見ていたら、Renaissanceのテロップが!あれれれー?これはアニー・ハスラム嬢のではなく、キース、ジェーン・レルフ兄妹、ジム・マッカーティーさんらの第1期ルネッサンスのクリップをやっていたので、偶然とはいえビックリいたしました。

でもシーナ&ロケッツのレモンティーってどーしたってTrain kept a rollin'にしか聴こえません。なのに作曲はアユカワ・・・・いえいえこれ以上何も申しません。
[PR]
by ironman0823 | 2007-05-29 22:04 | 音楽

ドッキリチャンネル Ⅱ

d0057868_16192395.jpg


前ページからのつづき

週刊新潮に連載されていた森茉莉氏の「ドッキリチャンネル」は、彼女の独断と偏見に満ちた目で各界の御仁をバッサバッサと斬り捨てる(ほうが多かった)コラムでした。それでもご贔屓の人物もいたりして、こじつけっぽく美辞麗句を並びたてたりもしていました。山田康雄氏のことを「ルパン屋」と表現したのにはそのセンスに驚き爆笑しちゃいました。 また必ず出てくるのが父や新婚生活を過ごした仏蘭西の想ひ出。沢田ジュリーをこよなく愛する記述は永遠の童女のよーでした。

そんな中、鉄男さまも彼女のご贔屓の役者の1人らしく、長い連載中何度か名前が登場します。今回、これを書くにあたって図書館でこのコラムが丸々収録されている森茉莉全集7を借りてきて読み直しましたが、なんせ700ページ以上あるので時間がかかった~!

フランスでの想い出から始まり、世界最古の国立劇場、劇団であるコメディ・フランセーズに及びやっと本題の鉄男さま主演「天まであがれ!」の話に入ります。彼女のフランスかぶれは充分承知だったけど、そこから曰く「子供みたいに無邪気な親父」~天まで・・の主人公竜介が家出した順一を呼び戻そうと大きな凧を上げるシーンを賞賛する流れに唸ってしまいました。また、このシーンを観て「雑居時代」を思い出すお茉莉さま。多少ボケや勘違いが入り混じり(昔観た彼の映画)と記されていますが、川崎敬三氏や山本紀彦氏の名前が出てくるのですぐに「雑居」だと判ります。川崎氏のことなど、(アフタヌーンショーの司会でボケた性格ではないと判るが、妙にボケッとした人物に嵌っている。顔つきがそういう人物になれる役者だ)と書いてあり、ほくそ笑むワタクシ。この2つのドラマを滑稽で悲しいドラマと表現し、どちらも巴里で遣っても当たるだろうと締めくくる彼女に感服するだけでございました。なんせ、鉄男さまがブランコに乗っているドラマのシーンを観ただけで、フランス王朝時代のブランコを思い出しちゃうオバアチャンなんて彼女だけに決まってる。こじつけだけど、J.P.ベルモンドを目標にしていたからか、鉄男さまのこの時代の演技ってちょっとおフランスっぽいと感じるコトがあります(うわー、アバタもエクボだな、こりゃ)。

部下に睨みを利かしている刑事役が巧いが、彼はやっぱり一寸滑稽な人物の方が素敵だなんてことも書いていますが、「銭形平次」を主題歌からキッチリと観るのが大好きだったんでユニオンシリーズを本放送では観てなかったんでしょーね。

そんな茉莉おばあちゃんですが、2度の離婚後ずっと一人暮らしだった為、死後2,3日経って彼女の暮らすアパルトマンの一室で目と口を半開きにしたまま絶命していたのを発見されたのでした。享年84。所謂、没落お嬢様に相応しい最期だった気がいたします。

通っている大学がはしかの流行に伴い、10日間の休講になってしまいました。あら~こんなトコロで流行にのっちゃった貧乏暇ありになったワタクシでございました。お退屈さまでした!
[PR]
by ironman0823 | 2007-05-25 16:49

ドッキリチャンネル

d0057868_1223537.jpg


またまた間が空いてしまいました。実はこの5月から或る大学の課外講座なんぞに通い出しちまったモンで、未だに生活のリズムが整えられなくって家事は怠るばかりのテイタラク。とんでもない事態になっています。所謂「片付けられない女」でございます。

「片付けられない女」とゆーと森茉莉という作家ほど生活能力のないヒトはいないんじゃないでしょーか?言わずと知れた森鴎外の長女として生まれ、蝶よ花よと溺愛されたお嬢様育ちの彼女の出来なさ加減は、(彼女が)師事した室生犀星センセも心配して夜も眠れなくなってしまった程。そもそも彼女が作家になったのも父、鴎外の印税収入期限が切れて、生活費に困ってしまったから。パッパと呼んでいた父親に関するエッセイや耽美な同性愛小説などを発表していましたが、ワタクシも学生時代に中井英夫氏、澁澤龍彦氏と共によく読んだものです。鴎外にしてヒドい西洋かぶれで、明治時代に生まれた子供たちからして茉莉(マリア)、類(ルイ)、杏奴(アンヌ)ときたもんだ。その血をしっかり受け継いでいるマリアも呆れるばかりのおフランスかぶれ。長男を爵(ジャクと読みJacquesジャックと呼ぶ)と名づけております。金はなくとも自分の好みにはあくまでもこだわる姿勢に、多感な女子高生は憧れちゃったんだな。

彼女の名言(文)を挙げてみると

○本当に金を使ってやる贅沢には空想と想像の歓びがない
○空ビンの1つ、鉛筆1本、石鹸(シャボン)1つの色にも、是一体こうではならぬという鉄則によって選ばれている
○贅沢というのは、高価な物を持っていることではなく、贅沢な精神を持っていること

彼女の著書「贅沢貧乏」はワタクシのバイブルのひとつとなっております。

そんな彼女が晩年、週刊新潮に「ドッキリチャンネル」とゆーコラムを連載していました。テレビを見て思ったことや、昔の思い出話が綴られているのですが故ナンシー関嬢よりも辛辣、毒舌ぶりに大笑いしたことが何回もあります。好き嫌いがハッキリしており、独断と偏見に満ちた嫌いなものに対する罵詈雑言振りは、気持ちよいものがありました。時々「そうかなぁ?」と首を傾げることもありましたが、マツダセイコ嬢を(あたしは可愛いんだ)という心の裏側はいやらしさに繋がっているとバッサリ斬りまくってシッチャカメッチャカにしていたのには、痛快丸かじりでございました。無茶苦茶斬りまくってはいるんですが、好きなヒトにはおかしいほど賞賛したりしております。

鉄男さまについても書かれているのですが、それはちょっと長くなってしまったのでページを新たにしようと思います。(いや~今回は引っ張るだけ引っ張ったなー)
[PR]
by ironman0823 | 2007-05-25 12:40

ザアマスは死語になりにけり

d0057868_17403586.jpg


今年は本当に寂しい年になっちゃいそーです。どんどん、テレビの中に「いるのが当たり前」だった役者さんがいなくなっちゃいます。最近のテレビドラマに出てくる若い役者さんは、顔と名前が一致せず、遥か昔に親の世代が言っていた「どれもこれも同じ顔に見える」と同じコトを感じています。ワタクシもあの時の親の世代になっているんだなーと妙な気持ちにもなりました。

塩沢ときさんも小堺サンのお昼の番組でブレイクする前から、いっつもひょっこり,それでもインパクト大で画面に登場しておりました。豪快で狂言回し的キャラが多かったけれど、「パパと呼ばないで」での不動産屋のオクサン役もその一つでした。印象に残っているのは「飛び出せ青春」の保積餃子ペペ氏の母親役。頭師どですかでん佳孝氏と演じる凸凹コンビの元祖、本家の饅頭屋で「パパ~」でおばちゃんやってた三崎千恵子さんと年中、言い争っていました。画面に出てくるだけで、どーなるのか解っているんだけれどジメジメしてなくカラッとした雰囲気で一場面を盛り上げてくれました。

塩沢さんは、映画「おくさまは18才 新婚教室」でも鉄男さまと共演しています。この時はテレビ版では冨士真奈美嬢が演じていた渋沢先生をやっていたなぁ。

d0057868_189568.jpg


塩沢ときさんのご冥福をお祈りいたします。(もう誰の冥福も祈りたくないぞ)←ホンネ



「新婚教室」ではお隣のオバサン、「パパ~」では銚子のオバサンを演じていた、何十年経ってもお変わりない、野村「会長さん」昭子さんや前出の三崎千恵子さんにはお元気でいてもらいたいと切実に願う、昭和ドラマから抜け切れないワタクシでございます。

d0057868_18154647.jpg
d0057868_1818645.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2007-05-19 18:21

愛と愛をつなぐ


d0057868_17414630.jpgd0057868_17422786.jpg










今日の関東地方は朝は快晴だったのに、昼あたりから雲行きが怪しくなって雷が鳴り出し雨になってしまいました。それでも2時頃にはまた晴れて珍しく大きな虹を見ることができました。

最近はドラマ不調といわれる日本テレビ系ですが、’70年代はそれこそ名作といわれる作品を数多く輩出していたと思います。土曜グランド劇場とうたわれたちょっぴり斬新なホームドラマは、その殆どが観ることができなくなってしまっていますが、当時観たことのある人の記憶の中には、色濃く残っている気がいたします。2組のカップルを誕生させた(その後2組とも離婚されたのは残念)「2丁目3番地」もそのひとつ。主題歌はビリーバンバンが歌っていました。兄弟デュオとして有名ですが、デビュー前は4人組だったり3人組だったりしたそうです。3人組の時のメンバーは、菅原兄弟、そしてな~んとナハナハせんだ「高原の二人」みつお氏だったりする!何故彼が脱退したかは不明ですが、もし3人でデビューしていたらこのドラマの主題歌も存在しなかったかもしれません。

どーも「3丁目4番地」の主題歌である「さよならをするために」と混同しちゃうんですが、こちらは「目覚めた時には晴れていた」でございます。作詞は阿久悠センセ。この曲は5年後にまたまたグランド劇場枠で使われます。その時は伝書鳩とゆーグループが歌っていました。鉄男さまが浅丘ルリ子嬢と共演した「二丁目の未亡人は~」(全部書くのメンドクサイので略)は、こちらのヴァージョンです。伝書鳩は現在でも作詞家として活躍している、荒木とよひさ氏が在籍していたフォークグループでした。ワタクシとしましては四季の歌やテレサ・テン嬢の一連のヒット曲の作詞家としてのイメージが強かったりします。

ノスタルジーもあるんでしょーが、今でもこの曲を聴くと涙腺が緩んでしまいます。清々しいさわやかさがあるのに、涙が出てしまう。決して暗い曲ではないのに心地よい感動を覚えます。
件の「二丁目の未亡人は~」ですが、現存しているのは第1話のみ。横浜にある放送ライブラリーで視聴可能ですが、観に行ったら続きが観たくなっちゃうジレンマに陥りそうなのでなかなか行くことができないワタクシでございます。

d0057868_1818921.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2007-05-15 18:21

はるばるきたぜ

d0057868_16473797.jpg


d0057868_16475771.jpg















北村和夫氏の訃報は本当に驚かされました。文学座を支えてきた重鎮がいなくなってしまい、新劇界のショックも大きいと思います。今はただ氏のご冥福をお祈りするばかりです。

鉄男さまは1970年まで文学座に所属していましたが、久々の更新の今回はその前年'69年2月に上演された「五稜郭血書」でございます。五稜郭といえば戊辰戦争や榎本武揚ですが、本作では北村氏がこの幕臣を演じております。鉄男さまの役名は「佐七」。第一幕、函館の八幡祭りから登場する漁師ということですが、どういったヤクドコロだったのかは判りません。その後函館戦争にも関わってくるんでしょーか?昭和8年に発表された久保栄氏の原作も未読なのでございます。歴史は嫌いではないのですが、ガクのないワタクシにはハッキリ言って幕末時代のコトがゴチャゴチャになっていて時系列が解っておりません。日本人としてヒジョーに恥ずかしいコトですが、「でもいーもん、女の子だもん」と開き直ってここらへんをスルーします。

五稜郭といえば、里見ご老公主演、ユニオン映画制作の日本テレビ年末長時間時代劇でもありましたが、その時の鉄男さまは松本良順センセを演じていましたっけ。「水もれ甲介」以来の森繁久彌氏との父子役。出番は少なかったけれど、渡「大門軍団」哲也氏演じるちょっとトウがたちすぎた土方歳三とのシーンは見ごたえがございました。もう、こーいった大型長時間時代劇ってのは制作されないんでしょーか?カネばっかりかかって視聴率取れなかったらやーよって体制の現在のテレビ局ではオヨビゴシになっちゃうんでしょーね。

それにしてもこのキャストは、今となってはゴーカでやんすね。初々しい鉄男さま、江守徹氏、細川俊之氏が並んで写っているところなんか「文学座充実の時」って感じさえしちゃいます。プライベートでは新婚ホヤホヤの鉄男さまなのでありました。

d0057868_1749970.jpgd0057868_1749302.jpg
[PR]
by ironman0823 | 2007-05-10 17:58

そのうちなんとか・・・

d0057868_10223885.jpg




すっかり更新が滞っております。いやぁ、今月で丸二年、三年目に突入するんですが、こんなに続けるとは思っておりませんでした。

今年に入って、昭和を代表する方々が次々と亡くなられて変わっていくんだなぁと痛感せざるをえない毎日をおくっております。
[PR]
by ironman0823 | 2007-05-08 10:12