「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

浅草物語


d0057868_1824178.jpgd0057868_18243485.jpg







「雑居時代」第10話で夏代に作詞の依頼をする為に栗山家にやって来たレコード会社の人なのに、交通事故で顔に傷をつくってしまった為に”その筋”のヒトに間違えられてとんだ目にあってしまった・・・・・木島新一氏でございます。

雑居以外でも「パパと呼ばないで」「水もれ甲介」「気まぐれ天使」に出演されています。その他にも色々なドラマでお顔を拝見したものです。石立ドラマ以外では、「サインはV」でジュン・サンダースの病状を知り、スクープを書くのをやめた記者役が印象に残っています。

この方、田谷力三センセイで有名な浅草オペラ出身だそーで、当時からシャンソン歌手としても活動されていたそーです。シングルレコードも出していらっしゃいます。なんとB面があのハニーナイツの迷曲「オー・チン・チン」だったりしてビックリいたしました。

現在もシャンソン歌手としてライヴなどに出演されているよーで、お元気そうでなによりでございます。

・・・・やっぱりまだまだ元気でいてほしかったな。未だに心の中でメソメソ、イジイジしている自分がおります。また明日、金曜日がやってくる。

d0057868_18434163.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2007-06-21 18:44

父の日

d0057868_17461152.jpgd0057868_1746354.jpg












今日は父の日ですね。どーしても、やっぱり「パパと呼ばないで」を思い出しちゃいます。

千春が右京を初めて「パパ」と呼ぶ場面、それを偶然目撃する魚敏の金さんと治子。
二人が横断歩道を渡る場所ですが、多分ここだと思います。

よく行く病院への通り道なんですが、ここを通るたんびにあのシーンを思い出し現存している数少ない場所なのよねーと一人、秘密の宝物のように思っていたものです。この階段の上に架かっているのは佃大橋でございます。

先日、愚息が耳下腺炎(おたふく風邪)にかかり、なんとも言えない気持ちでここを通りました。石立さんの死後、初めて通った佃大橋、「天安」の看板など何も変わっていないのにどこか違う雰囲気に感じたのは未だに現実を受け止めきれない自分がいたからかもしれません。

お医者さまに「小さいうちに罹っちゃってよかったね」と言われ、28歳で罹って大騒ぎした薫くんを思い出しちゃいました。愚息も約10日ほどで全快して一安心。彼は父の日とゆーことをすっかり忘れているよーです。
[PR]
by ironman0823 | 2007-06-17 18:03

誰も知らない


春になると いつものように   花が 花が咲いて
冬がどんなに 不幸だったか  誰も 誰も知らない
花がちらほらと咲いてる街が
俺は 俺はいやだよ  昔住んだ街は
春になると いつものように   花が 花が咲いて
冬がどんなに 不幸だったか  誰も 誰も知らない

秋になって いつものように   渡り 渡り鳥が
長い旅から  帰って来ても   誰も 誰も知らない
鳥がほろほろと 鳴いてる街が
俺は 俺はいやだよ  昔住んだ街は
秋になって いつものように   渡り 渡り鳥が
長い旅から 帰って来ても   誰も 誰も知らない


作詞 もず唱平  作曲 おかべ公甫
唄   石立鉄男・山谷初男
[PR]
by ironman0823 | 2007-06-15 13:38

空がこんなに青いから

d0057868_10595182.jpg



熱海の山の方にあるカフェ、テラスからの眺望はさぞかし心休まるものだったと思います。
冬のどんなに寒い日でも、必ずこのテラスでモカコーヒーと煙草を楽しんでいた鉄男さま。熱海一美味しいコーヒーと言われている淹れ方は、彼が教えてくれたとご主人がブログに書いていらっしゃいます。鉄男さまがいつも見ていた、様々なテラスからの風景写真を見ていたらポロポロ泣けてきた。

ペットも一緒に食事ができるようで、愛犬のレオやメルも連れて行ったりしたのかな。
いつか必ず行ってみよう。そしてモカと煙草と熱海一望を楽しもう。

d0057868_1115592.jpg

[PR]
by ironman0823 | 2007-06-10 11:02

役者バカ一代

d0057868_1226515.jpg



ほんの一時、日本を爽やかに照らしてくれてありがとう。

鉄男さまの訃報を知ってずっと「おひかえあそばせ」を観ていた。私にとって特別な作品であるこのドラマの中の薫くんは初々しくキラキラしている。何回も観ているのに、亡くなったってショックである筈なのに、いつの間にかお話の中に吸い込まれて笑ってしまっていた。最後に観ようと飛ばした最も思い入れのある第6話「匂うばかりに」以外は。
私の最も古い鉄男さまの記憶であるこのお話のラスト、みんなで焼き芋を食べる場面で堰をきったかのように涙が止まらなくなった。声をあげて泣いてしまった。8歳の私がどういう状況で視聴し、どんな会話をしたかまで覚えていて、この人好きだと確信した宝物。

鉄男さまが何回も発した「バカヤロ、コノヤロ、テメー!」を言った分だけ、いきなりいなくなっちゃった彼に捧げたい。



沢山のコメントや私を心配してくださるメールまで戴きありがとうございます。お返事書けなくてごめんなさい。今はただなんとな~く色んなことを教えてくれた石立さんに何かできることはないかなぁって考えています。

今日も元気だ、明日も元気、ただ前を向いて歩くだけ。
[PR]
by ironman0823 | 2007-06-06 13:02

涙流すときはそっと・・・

d0057868_10182455.jpg



沢山のコメントありがとうございます。昨夜からずっと「おひかえあそばせ」を観ていました。
気まぐれに人生を生きてきた人だったけれど、逝き方も気まぐれにフッといなくなっちゃった。
最後まで石立さんっぽい。

言葉では言い表せないほどの感謝を捧げます。
遥かな遠い空を見上げながら。
[PR]
by ironman0823 | 2007-06-02 10:25

詠訣



ご冥福をお祈りするだけです。ありがとうございました。
[PR]
by ironman0823 | 2007-06-01 21:08