「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鶴は千年

d0057868_22462254.jpgd0057868_22554297.jpg







長い間、日本航空といえばこの「鶴のマーク」でありましたが、本日5月31日をもって全ての鶴のマークの旅客機がフライト終了となりました。いかにも日本を表現していたマークであったのに。スチュワーデス物語での鉄男さまのキマリ言葉「鶴のマークのおねえちゃん」も、これで消滅でございます。アレもコレも時の流れと共にどんどん消えてしまうんだなあ。

スッチーでさえ今じゃ死語だもんね、「悪魔のようなあいつ」を見たくなりました(なんつー回りくどい言い方なんだ)。



あ、前回自慢していた銀幕デビューとゆーのはウソでした。正しくはテレビドキュメンタリー初出演作にして最終作でございました。あの内容解説の写真は1年4組のもんだな。あたしゃ5組でやんした。
[PR]
by ironman0823 | 2008-05-31 23:06

鉄はあついうちに

d0057868_21163056.jpg


亀の次は牛でございます。牛歩しまくりご無沙汰でございました。
盆と正月いっしょに来たよな、上を下へのロックンロール大騒ぎ。
愚息1号のパソコンクラブの課題提出の為にワタクシの愛機を乗っ取られ、はたまた所属しているサッカークラブが都大会出場の栄誉に協力の名のモト親が担ぎ出され、自身のTOEIC受験の準備やら・・・・ハイとってつけたよーな言い訳終了。

そんな中で前回も書きましたが、ワタクシ「世界のミフネ」になる前の三船にぞっこんになっております。60年近く前の映画を観て、こんなにも胸がトキメくなんて!でも、でもやっぱりかっちょいーぞー。これはどーしよーもない。ニシン漁をめぐって取っ組み合い、戦地であった南方の土人から教えてもらった奇妙奇天烈な踊りを、恥ずかしげもなく踊りまくる茶目っ気、男臭たっぷりな鉄を演じた「ジャコ萬と鉄」。これぞ男ぞ!って姿を見せてくれますが憧れの女性には声もかけられず、ただ彼女が教会でオルガンを弾く姿を見つめることしかできない純情な一面も見せてくれます。こんな三船敏郎氏の顔を初めて観ました。いーなー。いーなー。

いーなと言ってもイカンなあ。どんどん時代を逆行していってるぞよ。ホンモノは何年経とうが現代に何かを染み込ませてくれるんだな、フムフム。

最近は日本映画専門チャンネルや時代劇専門チャンネルばっかり録画予約しております。なかなか鑑賞できる時間がなくて、ハードディスクがいっぱいになるばかりです。そーそー、来月の放送予定作品にワタクシの銀幕デビュー作がございます。へっへっへー、ホンの5秒かそこらなんですが紛れもなく画面に登場致します。そのお話はまた次回。
そんな中、向田邦子氏の「父の詫び状」をやっていたので録画して、サラッと流して観ておりました。自分の父親は昭和ヒトケタ世代の頑固親父で、杉浦直樹氏演じる父親そっくりの「何でも自分だけ特別」人間。吉村実子嬢の糟糠の妻ぶりも現代家庭では少なく希少な存在になってしまいました。アダージョの効果もあって泣けた、泣けた。ラストのモノローグは本放送の時もしっかり印象に残っていたのですが、今回改めて聞いて単なる偶然ではあるけれど、ちょっとばかし震えがきました。

「・・・そんな父も戦後、64歳で亡くなった・・・」

もうすぐ鉄男さまの一周忌ですね。6月は父の日がある月でもあります。
[PR]
by ironman0823 | 2008-05-29 22:03

黄色いクルマ


d0057868_136684.jpg


昨日、今日とすっかり初夏らしい陽気の東京でございます。一年中、眠気ばっかしのワタクシですが昨夜9時過ぎに眠ってしまったせいか、今日は早朝3時半過ぎに目覚めてしまい、録画したまま未見だった「吹けよ春風」とゆー映画を観ました。

もうコレがすっごく得をした気分にしてくれた佳作で、今日一日、とってもいい気分で過ごせそうです。昭和28年公開の谷口千吉監督、氏と黒澤明氏共同脚本、三船敏郎氏主演のタクシードライヴァー日誌ともいえる8つのエピソードの物語。三船氏の若々しく初々しいモノローグがなんとも新鮮。この1篇でなんと世界のミフネが越路吹雪嬢とデュエットしちゃっています。「黄色いリボン」の替え歌で彼のタクシーの色に例えた「黄色い車」を気持ち良く歌ってるんですが、かなり珍しいんじゃないかな?
他にもヨッパライの小林桂樹氏やおネエ言葉を使う三國連太郎氏などなど、みなさん驚く程若いんだけどホンモノだから、こっちもグイグイ引っ張られます。

昭和20年代の日劇、銀座や、神宮外苑の絵画館、銀杏並木、はたまた佃島まで出てくるのもメッケもんでございます。世界のミフネたるモンより、こうした市井の人を演じる若い三船氏の方が魅力的に感じるなあ。大好きな「天国と地獄」より10年も前の作品でございます。

鑑賞後、爽やかな幸福感を味わえる「観なくては損しちゃう」映画でございました。
この幸福感を一人でも味わっていただきたいと思い、思わずココに書いちゃいました。日本映画専門チャンネルを視聴可能な方は是非、ご覧になってくださいませ。
[PR]
by ironman0823 | 2008-05-16 13:29

タダ友だから


やっとソフトバンクのCMを観ることができました。
山口いづみさん、出ていらっしゃいましたね。 あと、あんまり確信ないんだけど「パパと呼ばないで」の若松の良ちゃんこと森下哲夫さんもでていらっしゃいませんか?
なんか、すっごく似ているんだけど気のせいかなあ???
[PR]
by ironman0823 | 2008-05-14 17:59

赤い稲妻

d0057868_12402562.jpg

おーおー、なんとゆー亀の歩み。 歩いていくには遠すぎる、走っていくにはもう若くないと言い訳がましく歌ってみたりする。

テレビもなかなか観られない状況の中、最近日テレプラスで放送している「太陽にほえろ ジーパン刑事編」や「大都会パート2」なんかを録画しております。改めて観る松田優作氏の初々しい演技は新鮮そのもの。後に知った彼のストイックなまでの演技への追求は、なんとなく鉄男さまのそれに通じているよーにも感じます。太陽にワンワンだって、マカロニ、ジーパンがなかったらあそこまで長寿番組にはならなかっただろーな。 ワタクシ、中学時代に数学のノートの裏表紙に「さなえちゃん」ならぬ「俺たちの勲章」の氏のグラビアを貼っておりました。

’77年の火曜日は、受験生にも拘わらず午後9時から「大都会パート2」、10時から「刑事スタスキー&ハッチ」を楽しみに観ておりました。スタハチに関してはファンクラブにまで入っていた熱狂振り。スタさん大好き、大好き状態のコーフンしたまま受験勉強に戻る生活をおくっていたのも懐かしい思い出でございます(この後、ラジオに移行し、たむたむたいむを経て谷村新司氏のセイヤングまでながら勉強、全く身につかず)。

このスタハチは「噂の刑事トミーとマツ」の元ネタとゆーのは有名ですね。内容は全く違いますが。 本放送の時は殆ど観ておりませんでしたがCSでこれでもかと何回もリピート放送された時に鑑賞いたしました。毎回エンディングクレジットが違っていて、鉄男さまも色んな表情を見せてくれます。本筋よりもこっちが楽しみだったりしてたなあ。第一部の最終回には、ご覧のようにカメラ目線で視聴者に向かってバイバイしてくれました。いい表情しているので一時停止して見入っちゃいましたぜ。

青いイナズマは林田健司氏、すぽーつみゅーじっくあっせんぶるぴーぽーですが、赤い稲妻はスタハチが乗っていたシボレーだったりする。今はもう刑事ドラマはネタ切れなんでひょか?

♪ ひとり~ ひと~りぃ~ おぉれ~も ひとぉりぃ~
[PR]
by ironman0823 | 2008-05-12 13:06

コンプリート

d0057868_15275955.jpg



なんでこんなにセワしないんだか・・・。神経痛がうずきまくり。

CSの6月放送番組が続々と発表されておりますが、鉄男さま一周忌を迎える6月にやっとテレ朝チャンネルで「三毛猫ホームズの駆け落ち」が放送されます。やっとコンプリートじゃ。
チャンネルnecoでは追悼特集を組むそーで、「Breakout!」が初登場。

ココは素直に嬉しいとしておこう。
[PR]
by ironman0823 | 2008-05-01 15:32